最近読んだ本〜松浦晋也『恐るべき旅路』(ISBN:4257037008)

【元記事:最近読んだ本〜松浦晋也『恐るべき旅路』(ISBN:4257037008):d:id:manpukuya:20050603:book

火星探査機「のぞみ」は、火星へ向かう途中にトラブルを起こしてしまった。関係者の奮闘もむなしく、最終的には地球との通信ができなくなり、計画を遂行できなかった。何が原因で何が起きたのか、計画の断念に至るまでの状況を、細かく細かく追ったドキュメンタリー。440ページもの大作だが、もともとの原稿はさらに何割か多かったとのこと。

困難な状況があったとき、その制限の中で頑張っちゃう方法と、状況そのものを改善するよう働きかける方法の2つがある。「のぞみ」計画は、前者の典型だった。予算の制限や重量の制限をアクロバチックなやり方でクリアしてしまうが、そのぶん綱渡りの綱は確実に細っていく。

頑張っちゃうのもすごいけれど、そもそもその頑張りがいらない状況になるようにすることも重要だなあと思った。