今日のブックマーク

「キングス&クイーン」

渋谷のシアター・イメージフォーラムで。

screenshot いや、なんでしょうこの映画は。しみじみとよい。とてもよい。

2時間半と長く、各シーンもとても淡々としている。でも、まったくダレない。1つのシーンが、とても細かいカットの積み重ねで作られているからか。宮部みゆきの『理由』(ISBN:4101369232)のような、登場人物へのインタビューがあるからか。それとも、自分には気づかない秘密の演出がされているのか。ともかく、不思議なリアリティがある。

映画の中の2時間半で、2人の主人公には人生にかかわる大きな事件が起きる。加えて、長い長い間にたまっていた、他人からの強い感情に気づかされる。

北村薫は短編集の『空飛ぶ馬』(ISBN:4488413013)で、人のさまざまな感情があらわになるさまを描いていた。ほかの人が自分に対して強い悪意や好意を持っていても、それに気づくことはあまりない。長いつき合いだったあの人が、実はこんな感情を持っていた。これはきつい。

しかしそれが最後には、なにかすがすがしさに変わっていく。なんだろうこれは。監督のアルノー・デプレシャンは、いつもこんな映画を作っているのか。

ということで、これを読もうと思う。

すべては映画のために

すべては映画のために

実はこの映画、いま黒沢清の本を一緒に作っているboidの樋口さん(→の日記)が配給をしたという。映画が公開されるかどうかが個人の頑張りで変化するというのは意外で驚きだ。「ホテル・ルワンダ」の公開もそれに近い運動があったようだけれど、団体ではなく個人が動いて、というのが興味深い。

念のため、そういう縁だからこの映画をほめているわけではない。不思議で、静かで、濃密で、自分の中の何かが変わるすばらしい映画だ。

東京では、イメージフォーラムでしばらくレイトショーをやっている由。ぜひたくさんの人に観てもらいたい。