今日のブックマーク

NHKスペシャル「ワーキングプア」今夜再放送

夜0時から。

今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる“働く貧困層”が急激に拡大している。ワーキングプアとは、働いているのに生活保護水準以下の暮らししかできない人たちだ。生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。400万世帯とも、それ以上とも言われている。

(中略)

憲法25条が保障する「人間らしく生きる最低限の権利」。それすら脅かされるワーキングプアの深刻な実態。番組では、都会や地方で生まれているワーキングプアの厳しい現実を見つめ、私たちがこれから目指す社会のあり方を模索する。

NHKスペシャル ワーキングプア〜働いても働いても豊かになれない〜

録画した本放送をまだ見てないのですが。

関連しそうな本や記事

フリーター漂流

フリーター漂流

アマゾン・ドット・コムの光と影

アマゾン・ドット・コムの光と影

  • 作者:横田増生
  • 発売日: 2005/04/19
  • メディア: 単行本

アマゾン・ドット・コムの光と影』に言及している記事はd:id:Imamura:20050524:amazon

希望格差社会』に言及している記事はd:id:Imamura:20051017:book

NHKスペシャル『タクシー・ドライバーは眠れない〜規制緩和・過酷な競争』」
d:id:Imamura:20050913:nhk。労働に関するNHKスペシャルを複数紹介。
「雇用格差社会を生きる」
d:id:Imamura:20050402:nhk。「NHKで、今の日本社会をおもに雇用から考える討論番組が放送されていた。こういう問題は、正社員は良い/フリーターは悪い、かどうかや、会社は搾取している/従業員は搾取されている、かどうか、といった単純な二元論に還元してしまえるものではない。」といった話を書いた。

HDDレコーダは大容量も良し悪し

【元記事:HDDレコーダは大容量も良し悪し:d:id:manpukuya:20060725:rd

HDDレコーダをRD-XS31からRD-X6に買い替えて、HDDの容量が7.5倍になった。80GBから600GB。

録っても録っても空き容量が減らない代わりに、見ても見ても空き容量が増えなくなった。いいんだか悪いんだかわからない。

(いやでも実際のところ、便利にはなっているのだ。本体のデザインとリモコンの質感だけは、コストダウンのあおりかいまひとつになってしまったけれど。新しい機種はHDDの容量が増えるだけでなく、使い勝手もよくなっている。動作は軽いし、できることも増えている。いい環境になっているのは確かだ)