「シン・ゴジラ」とそのリンク集

シン・ゴジラ」が公開されたのは7月29日で、ネットではさっそく話題になっていたため自分としては珍しくすぐにあわてて観に行った。圧倒的な情報量でとても面白くて大満足。庵野秀明はすごいなあ。

話を盛り上げるためだけに状況を悪化させるような展開がなく、登場人物はみな自分の職責のもとベストを尽くそうとするのがよい。プロフェッショナルしか出てこないところは、火星暮らしの映画「オデッセイ」と共通したものを感じた。

  • 参考:「オデッセイ」は重力表現が不満だがプロフェッショナルしか出てこないのがよい(d:id:Imamura:20160212:themartian

この記事を書いているのは公開から約1年後だから、何度も観に行く人が出たり「発声可能上映」が開催されたりすることはもうわかっている。このあと8月26日に公開される「君の名は。」の興行収入200億円超えは別格だが、興収80億円は大ヒットといってよい。

↑ここには「シン・ゴジラ」は16位とある。「君の名は。」の興行収入が記事執筆時点で確定しておらず掲載されていないが、少なくとも2位に入るのは確実だから「シン・ゴジラ」は現在17位ということになる。大したものだ。

シン・ゴジラ」をもとにたくさんの議論が出てきたのも興味深かった。今の日本のありさまを投影したような内容だし、これについて語ると自分がどんな人間かを語ることになる面がある。庵野秀明はそういう普遍性がある作品を作るのがうまい。

シン・ゴジラ」関連の記事を見かけるたびにメモしていたらすごくたくさんになった。

6月

7月8日

7月15日

7月21日

7月29日

7月30日

7月31日

8月1日

8月2日

8月3日

8月5日

8月6日

8月7日

8月8日

8月9日

8月10日

8月11日

8月13日

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

8月15日

8月19日

8月21日

彼は大半のスタッフを敵に回したけれど、それくらいじゃないと、この作品のレベルに達することはできない。完成した作品の出来を見て、スタッフはコロっと(味方に)ひっくり返った。ああよかった、と思いましたね。

【シン・ゴジラ】樋口真嗣監督がエヴァンゲリオンの盟友・庵野秀明総監督を語る 「破壊しながら前に進む。彼こそがゴジラだった…」(1/4ページ) - 産経ニュース

8月25日

8月26日

8月28日

9月2日

シン・ゴジラ」はおよそ多様な見方を許す映画で、この、「簡単に要約できないディテールの豊富さ」こそが、この作品を特別な映画にしているのだと思う。

(…)

優れた映画は、脚本に書かれている本筋のストーリーとは別に、観客の脳内に眠っている物語を再稼働させることができる。

巨災対の諸君、お家に帰ろう:日経ビジネスオンライン

このあたりから日経ビジネスオンラインが「『シン・ゴジラ』、私はこう読む」という特集を始める。のち電子書籍にまとめられた。

「幹部は死なない」という考えと、「憲法九条さえ唱えていれば日本は平和だ」と信じている人のメンタリティって、互いに通じるものがないでしょうか。もし憲法九条自体が抑止力になり得るのであれば、世界中の国が採用するんじゃないですか。でも現実には日本だけです。

石破氏:ゴジラを攻撃した戦車はどこから来たか:日経ビジネスオンライン

9月3日

9月4日

9月5日

9月8日

http://4koma-eiga.jp/fourcell2/arcade/entry/1574/img2.jpg

シン・ゴジラ - 四コマ映画〜あの映画を四コマで紹介〜

9月21日

9月23日

9月28日

シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

10月4日

10月11日

10月19日

10月23日

11月1日

11月8日

11月17日

11月23日

11月26日

12月2日

2017年2月2日

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ ([バラエティ])

いやーどれも面白い。これだけ語らせる「シン・ゴジラ」はすごい。

しかし今年はこのあと8月26日には「君の名は。」、11月12日には「この世界の片隅に」が公開されるのだった。

(2017年6月21日記)

以下追記:2017年11月12日

さらに追記

この世界の片隅に」でもリンク集を作ったら、長すぎて1日に書ける文字数をオーバーしてしまった。