東京とびもの学会

行ってきた。空を飛ぶもの全般、つまり航空宇宙をテーマにした、同人誌即売にお宝の展示とお宝映像の上映が合わさったイベント。

地震で出展できなくなったサークルはあったもののなかなかの盛況だった。

その中ですごいと思ったのが、折り紙でかっこいい戦闘機を作っている人。

f:id:Imamura:20110320142408j:plain

(こういう写真は上端が水平になるよう、見下ろすように撮ると構図が引きしまるかもしれない)

普通の折り紙1枚を折って折って、こんなふうな戦闘機を作ってしまう。航空機としての厳密さよりは、バルキリー的に見栄えのするデザインを優先している。かっこよさと手業の緻密さが組み合わさっていてすばらしい。いやー、いいもの見させてもらいました。ワンフェスデザインフェスタなどにも出展しているとのこと。

あとねえ、お宝展示の中におやー? 見たことあるものが。はやぶさの帰還取材関連でもらったプレスキット類だ。うちにあるよりファンの人にあげたほうがいいだろうと考えて、こないだのロケットまつりで来場者プレゼントにしたもの。最前列の常連の方に当たったと思っていたら、こういう形で多くの人の目に触れるようになったのはいいことだ。

スプートニクが上がった当時の週刊朝日などと並んで、これも歴史的資料になっていくのだろう。あのときのできごとが、こうして歴史の形に折りたたまれていくのだな。