NASAの記録映画「宇宙へ。」のBD/DVDが予約受付開始

見たときは見慣れた映像が多いように感じたけれど、実はここで初めて出てきた、NASAの蔵出し映像がたくさんあるとのこと。この種のドキュメンタリーフィルムをいろいろ見ている人にも楽しめるだろう。

内容はNASAのことばかりで、特にアポロ計画のときは宇宙開発のライバルとしてソ連がいたのに、そのことにはふれられない。アポロ13号の話もまったくなし。アメリカ人とNASAがいかにすごいことをしてきたかという話に終始していて、ちょっと鼻につくかもしれない。

知っていることをなぞる内容であっても、この作品ならではの編集で見られるのは新しい楽しみがあると思う。

「宇宙へ。」とは別の「宇宙へ」もあって、こっちも強くおすすめ。フォン・ブラウンセルゲイ・コロリョフという二人の天才が、米ソに分かれて宇宙開発競争を繰り広げるドキュメンタリータッチのドラマ。

この二人については本も出ていて、これもとても面白い。

さらにさらに、「宇宙へ。」とも「宇宙へ」とも違う『宇宙へ!』もある。種子島内之浦でのロケット打ち上げと、宇宙開発関連の国内各施設についての見学ガイドの同人誌。

液酸/液水同人誌情報―ガイドブックの詳細表示:「宇宙(そら)へ! 宇宙開発見学総合ガイドブック」
http://ekisanekisui.blog.shinobi.jp/Entry/5/

種子島皆既日食を見に行くときに重宝しました。残念ながら今は絶版中。こういう、方向性がしっかりしている情報ものの本はたいへんすばらしいです。