「突然の幼児退行体験」(nlog(n))

このサイトの筆者はきわめて理性的な文章を書いているし、フィクションをあたかも現実の体験であるかのように書く理由がないと思うので、このエントリはおそらく作り話ではないだろう。

筆者と同じような育てられ方をした人が全員幼児退行するとか、幼児退行しなければならないものなのかはわからない。ただ少なくとも、このような体験に至るまでの経緯が抽象的ながら記されているところを読む限りでは、このような体験が誰にでも、また今日にでも起きうる、というものではなさそうだ。

専門家の意見を聞きたいところだが、このエントリだけではよくわからないかもしれない。

藤子・F・不二雄のSF短編で、大人が子供のように過ごせる空間を提供する話があったのを思い出した。