顧客満足度ナンバーワンのコンピューターを生んだ米国の田舎町(BizTech イノベーター・03/06/10付)

http://biz-inno.nikkeibp.co.jp/conduct/article20030610.shtml

IBMAS/400(現在の名称は「eサーバーiシリーズ」)というオフコンは、ユーザーの満足度がとても高い。そしてそのマシンは、アメリカの田舎町で開発されているという話。

中央から隔離されているぶん開発に専念でき、また異動が極端に少ない(希望者も少ない)。親子ともどもIBM、というケースも多いそうだ。従業員は顔見知りばかりなのでチームワークはとてもよく、長年の熟練工が多いため新しく人を雇う必要がない。

IBMの幹部社員になる人はあまりいないが、顧客が満足するマシンをずっと作り続けている。

読めば読むほど、桃源郷のような開発風景。エイプリルフールのネタではないかと思ってしまうくらいだ。