「ゲームレジェンド」に行ってきた

レトロゲーム・マイナーゲーム中心同人誌即売会と銘打った「ゲームレジェンド」に行ってきた。会場はJR川口駅前の市民ホールで、新製品の発表会をやったりしそうな広いスペースだった。

会場は同人誌やゲームグッズが売られているだけでなく、ゲーム基板を持ち込んで遊べるようにしていたり、オリジナルゲームのデモをしていたりもしてにぎやかだ。FM-NEW7の実機を見たのは何年ぶりだろう。

会場の一隅ではゲームバンドの演奏もあり、リクエストに応えていた。演奏されたのはたとえば「グラディウス2」(アーケードゲームのIIではなくMSX版の2)「バブルシステム起動音」「NEWラリーX」「バブルボブル」「トランスフォーマー コンボイの謎」「悪魔城伝説」(最初の「Beginning」とドラキュラ城内「Dejavu」)、「ニンジャウォリアーズ」(Daddy Mulk)などなど。楽しげでとてもよい。

買おうか迷ったのはこれ。ゼビウスなどのメカデザインを担当した方のロングインタビュー。

そのほかいろいろと。

ニンテンドー3DSを持って行ってすれ違い通信をさせたら、すれ違った人の「最近遊んだゲームは…」に「3DアフターバーナーII」「3Dアウトラン」「3Dアウトラン」と並んでさすがですと思ったり。1000人以上とすれ違ってセガの3D復刻シリーズが出たのは初めてだ。こちらも「3DギャラクシーフォースII」で迎えればよかった。

次回のゲームレジェンドは11月16日(日)に、今回と同じ川口でとのこと。

(5月27日記)