うるう年とうるう秒

今日はうるう年なので、長年日記で読める日が少なくてちょっとさびしい(→http://d.hatena.ne.jp/Imamura/____0229)。裏を返せば、今日の日記が長年日記に出てくるのは4年に一度しかないことになる。すごいかも。

ところで「うるう秒」「うるう日」「うるう月」はそれぞれ、実際に追加される秒、日、月のことだ。うるう月は日本の旧暦(太陰太陽暦)の時にあって「うるう2月」などと言っていた。

一方「うるう年」とはうるう日がある年を指す。今日の日記の書き出しを「今日はうるう年なので」と書いてしまったけど間違いですねこれ。あーいや、「今日はうるう年(にもとづくうるう日)なので」というニュアンスかも。どっちでもいいですか。

「うるう年」の意味をほかの「うるう」に合わせると、暦の調整のために1年追加しちゃいましょうということになってなんだか大変だ。そもそも季節がずれたりしすぎないように作るのが「うるう」ルールなのであって、1年追加したところでなにも調整されないような気がする。ははは。