SONY Reader届いた、が! - 「で、みちアキはどうするの?」

購入レポートの予定が使ってみて変更、「『ソニーReaderのどこがどんだけダメか』をお送りしたい」に。

  • 内蔵の明朝フォントが細くて読みづらい

    • 内蔵のユーザーズマニュアルで使われているゴシック体は読みやすいが、ほかの電子書籍を読むときそれを選択できない)
    • 縦書き表示時にフォントの中心線がずれる。縦書き専用でないフォントを使っているようだ
    • 外字は紙からスキャンしたものが画像として貼られているらしく、つぶれていて読みづらい

    • 余白除去などの表示モードを記憶してくれない
    • ページ送りボタンが押しづらい場所にある
    • Sony Storeはジャンル分けが粗い。キーワード検索はあっても「『文学』の下に7000冊あって『書籍名順』『作者順』『新着順』のソートがあるだけ」。
    • ラノベに口絵や挿絵が入っていない(例:「人類は衰退しました」)

    「そんなわけで、Readerについてのぼくの感想はいまのところ『けっこう問題含み』というものです。ストアとそこで売ってるものと本体と、全部が要改良」。