「ラブひな」170万ダウンロード突破の衝撃:Jコミで扉を開けた男“漫画屋”赤松健――その現在、過去、未来(後編) (1/4) - ITmedia eBook USER

赤松健の起業家の面がよく出ていて、とても面白いインタビュー。「作家が儲からないことには始まらない」という基本原則がうまく実際の運営に落とし込まれている。最後の一文、「ビジネスモデル特許も申請中」というのがさすが。