電子出版プラットフォームはやはりAmazonが最強【湯川】 : TechWave

アメリカの作家が、自分の電子書籍がどのプラットフォームでどの程度売れているかのシェアを公表した。75%がアマゾンだったという話。

また出版社経由で売れた電子書籍は少なく、作家自身がアマゾンを通じて販売したものがとても多いとのこと。昨日も書いたように、すでに名前が売れている書き手にとっては、電子書籍は市場を広げてくれるものといえそう。