怪奇! Ad[es]のメモリが浸食されていく!?

このところiPhoneのことばかり書いてきたけれど、Ad[es]も持っていて使っているわけです。

ところが少し前、「データ記憶用メモリの空き容量が1メガバイトより少なくなっています。不要なデータを削除し、空き容量を増やしてください。」という警告が出るようになった。

Ad[es]の本体メモリは、「データ記憶用」と「プログラム実行用」に分かれていて、合わせて256MBである。使わないプログラムやファイルを削除すれば、データ記憶用のメモリは増えるはずだ。iPhone版のほうが実用的と考えてGoogle Mapsを削除し、3MBほどを確保した。

しかし安心したのもつかの間、1週間ほどでまた出てきたのだ。「データ記憶用メモリの空き容量が1メガバイトより少なくなっています」のエラーメッセージが!

この調子では、頑張って空きメモリを増やしても、なにかがそれをすぐに埋めてしまうだろう。いったい誰が、そして何のために!?

このAd[es]に最後にインストールしたのは、Macとの間でデータの同期を行うソフト「Missing Sync」である。一時期Macにつないでも認識されなくなり、インストールし直したのだった。

なんとなく、これが怪しい気がする。「ばかな、推定で犯人を決めるなんて!」でもねー、これ以外には最近入れたアプリはないからね。

この間、Operaのブックマークが全部消えるという、まことにやるせない事態も起きている。これもデータ記憶用のメモリが少なくなった副作用のような気がしている。あーそれにしても力が抜けちゃう。ブックマークの復旧はできないくさいし、ブラウザはもうiPhone一本槍になりそうだからいいといえばいいのだけれど、自分の手や想像力が及ばない事態を起こされると生命力が落ちる。

というわけで謎だらけの話ですが、こんな症状もありますということで。

追記:解決しました

IEのキャッシュに大量のデータがたまっており、これを削除しました。詳しくは以下を。

Ad[es]のデータ記憶用メモリが減っていく理由はW+ Infoにあり
http://d.hatena.ne.jp/Imamura/20080808/ades