dolipoとFirefoxの相性が合わないと、Firefoxがよく止まるようになる?

「dolipo」というMac用のプロキシソフトがある。これを通してネットを見ると、ページの読み込みが速くなるという噂。

さっそく使ってみた。使い方は以下に。

ところがですね、我が家のMacBookだとdolipoとFirefoxはどうも仲がよくないようだ。しばらくブラウズしているとFirefoxが虹色風車(Windowsでいうところの砂時計)を出して4〜5分間止まってしまうのだった。

しばらく待てば操作が戻ってくるとはいえ、虹アイコンはけっこう頻繁に出るし、待ち時間もそれなりに長くてつらい。

どうも、Firefoxとdolipoがきちんと接続できず、Firefoxが「プロキシはどこー、おーいプロキシー」としばらく探しているために止まってしまうようだ。一方Safariはプロキシが見つからないと、あっさりあきらめてプロキシを使わず、直接ネットにつないでしまうらしい。これは設計思想の違いかもしれない。

いずれにしても、Firefoxのプロキシ設定を解除し、直接ネットへつなぐようにしたら,Firefoxが止まる現象はピタリと出なくなった。

dolipoを入れていてFirefoxがよく止まるという人は、dolipoに頼らずにネットへつないでみると治るかもしれない。