朝日ソノラマが9月末に店仕舞い

【元記事:朝日ソノラマが9月末に店仕舞い:d:id:manpukuya:20070621:sonorama

というわけで、朝日ソノラマという会社はなくなりますが、ソノラマのブランドは生き続けます。よろしくご支援ください。

  1. 当社は9月末まで通常どおり営業します。
  2. 雑誌は9月まで出します。
  3. 書籍は6月までで新刊発行を停止しますが、既刊本の注文には9月まで応じます。
  4. 10月1日以後は、朝日新聞社にご注文ください。
新着情報

なんだってー。

追記と感想

現在ソノラマ社で発行しているコミックスやノベルスなどは、朝日新聞社出版本部が出版権を引き継ぎ、10月以後は朝日新聞社の新刊として発行することが決まっています。

新着情報

ということであり、朝日ソノラマから出る予定だったあの本この本が出なくなるわけではない。

むしろ「朝日新聞社刊」として出し直そうとなる程度に売れている既刊は、一種の特需というか、著者さんにとってはサプライズといえるのかも。(印税は実売部数ではなく、印刷部数に対して支払われます)

朝日ソノラマの新着情報には、「読者のみなさまへ」のほかに「書店のみなさまへ」もある。

(4)というわけで、10月1日以降の出荷分は朝日新聞社に注文していただくことになります。

新着情報

この「というわけで」、「読者のみなさまへ」にもあった。ちょっとのんきな雰囲気の言い回しで印象に残る。会社がなくなっても実質は変わらない、ということなのかも。