うす〜いケータイ

【元記事:うす〜いケータイ:d:id:manpukuya:20070216:k_tai

最新の携帯電話で、ものすごく薄い二つ折り端末が急に増えたと感じる。

液晶側もボタン側もカード電卓くらいの厚さしかなく、たたんだ状態でさえパキッと折れそうで心配になるくらい。

こういう端末がなぜ一斉に出てきたのだろうか。

  1. 薄い端末を作れるようになる、技術的なブレークスルーがあった(技術的な要因)
  2. 薄い端末を作ることは昔から可能ではあったけれど、最近になって需要があると判断されるようになった(マーケティング的な要因)

個人的には薄い端末は大好きだけれども、このごろの薄すぎ端末を見ると「過ぎたるは…」という気持ちにもなる。