エレベーターの開閉ボタンは、漢字ならたいてい「開」と「閉」

【元記事:エレベーターの開閉ボタンは、漢字ならたいてい「開」と「閉」:d:id:manpukuya:20060609:ele

[写真:「開」と「閉」のボタン]おとといの記事「エレベーターのボタン配置に関する調査報告」(d:id:Imamura:20060607:elevator)の続き。いや開閉ボタンの漢字表記が「開」と「閉」なのは当たり前、と思うかもしれないがちょっと待って。

エレベーターの開閉ボタンで、目的とは逆のボタンを押してしまうことがある。ブックマークのコメントd:id:inugamix:20060607:1149690901にある通りだ。

しかし昨日気づいたのだ。「開」と「閉」のボタンを独立に考えるから混乱する。「開」と「閉」の位置関係は、「開閉」を横書きにすればそのままである。つまり「開閉」→[開][閉]なのだ! ドーン!

これで、ほとんどのエレベーターで適用できる、開閉ボタンの法則がまた一つ誕生した。

エレベーターのボタン法則
ほとんどのエレベーターで、「開」「閉」のボタンは左から読むとそのまま「開閉」である

ところで、「『閉』ボタン」と書くと「へぇ」ボタンみたいですね。

関連記事

世界の法則を知ると便利になる話をいくつか。

追記

続きを書きました。