吾妻ひでお『失踪日記』(ISBN:4872575334)

とても面白い。

失踪日記

失踪日記

吾妻ひでおは、『夜の魚』(ISBN:4872330749)に収録された「夜を歩く」という8ページで、失踪時のエピソードを描き下ろしていた。この新刊では、失踪したりアル中で入院したりといったエピソードを、ほぼ全部描き下ろしている。

大変な話なのに、妙な達観のようなものがあるせいか楽しんで読めてしまう。すごい。