新登場「振り込め詐欺」

【元記事:新登場「振り込め詐欺」:d:id:manpukuya:20041210:ore

新聞に、見慣れない「振り込め詐欺」という文字。「オレオレ詐欺」の新名称というか、そもそもちっとも「オレ、オレ」でなくなったこの手の詐欺のことを「振り込め詐欺」と呼ぶことになったそうだ。警察庁命名したとのこと。おお、もうキーワードになっている。

振り込め詐欺」とは、実体をよく表していてとてもいい呼称だと思う。命令調の「め」が特にいい。振り込ませれば向こうの勝ち、振り込まなければ大丈夫、という特徴がよく出ている。

先日の「トリビアの泉」には、なつかしい10回クイズが出ていた。「ピザ、ピザ、ピザ…」と何度も繰り返すうち、脳が一種の催眠状態になる。だから「じゃあここ(肘)は?」に対して、わかっていてもつい「膝」と言ってしまうのだという。振り込め詐欺も同様で、「事故を起こしちゃった」といったショッキングな情報で、冷静さを失わせるところがポイントなのだろう。

振り込め詐欺は、こちらがびっくりしなければ向こうのペースに乗せられる可能性も低くなる。しかし詐欺には家賃詐欺(d:id:Imamura:20030725:p2)とか少額訴訟詐欺(d:id:Imamura:20040805:kakuu)とか時計詐欺とか、ほかにもまだいろいろある。なかなか大変な世の中だ。