マーケティング的コラム「吉野家 躾の崩壊 そして情けは誰のため?」

3つの、少しずつ関連する話が載っている。最後の「3.情けは誰のため?」がいい話だと思ったので紹介。

こういう「いい話」がわざわざ「いい話」として流通しなければならないのもどうか、と一瞬考えたが、いい話ではあるからね。