新方式立体視、失敗の巻

【元記事:新方式立体視、失敗の巻:d:id:manpukuya:20030803:p1

[画像:アニメーションする立体画像]d:id:Imamura:20030801:p1で紹介させてもらった「裸眼立体視の新方式」理論にもとづき、さっそく1つ作ってみた。のだが、視差が大きすぎて今ひとつ。

これまでのような、交差法や平行法で立体視する画像を作るときは、視差を大きめにするほうが立体感が大きくなる。つまり右目用と左目用の画像は、それぞれ目の間隔よりももう少し離して撮影するのがよいのだ。

試しに、交差法や平行法で立体視する画像も作ってみた。これは悪くない気がする。[画像:交差法と平行法で見る立体画像]

アニメーションする立体画像を作るときは、右目用と左目用の画像の視差が少ないほうがよいようだ。もうちょっといろいろやってみよう。