今日のニュースから

PEG-T600C/PEG-T400速攻&徹底レビュー(2001/11/19付)

出ました、新しいCLIE。カラーモデルとモノクロモデルがあり、いずれもハイレゾ(320×320ドット)、単体での音楽再生機能はなし。従来機の周辺機器との互換性は、コネクタ形状のレベルでナシ。厚さ重さ価格は、カラーモデルが12.5mm138g約40000円、モノクロモデルが9.9mm122g約30000円。ZDNet Palmには「ソニー,CLIEの新ライン2モデルを発表──業界最薄,赤外線リモコンとして利用可能」という3ページの記事もあり、こちらもなかなか充実した内容である(余談だが、現在のところ「メモリは8バイト」とか「表組み入る」といった記述があって、これはこれで面白い)。それから新しいCLIEと一緒に、ついにGPSモジュールや10万画素のデジタルカメラモジュールも発表された。こちらはお値段がそれぞれ約20000円と約15000円。しかしよく見ると、どちらも初代CLIEでは使えないぞ。GPSモジュールやデジタルカメラモジュールがCOMDEX/FALL2000で公開された当時はまだその初代CLIEしかなく、これらのモジュールがのちのち発売されるなら、ということで初代を購入した人もいるのではないか。ときどき無情なソニーである。