99/12/31 (Fri.)−HTMLとCSSについて

元記事:夜の記憶−99/12/31 (Fri.)−HTMLとCSSについて】

テキスト庵」への登録を機に、サイトの見栄え指定について考え直す気になってきた。前回「段落のあとに1行あけられるのがイヤで、WWWブラウザのスタイルシートへの対応状況もイマイチなので強制改行を使っている」と書いたが、ちょっと調べたり試したりしてみてわかりました。自分が使っているNetscape Communicator 4.5(Mac OS版)がスタイルシートにちゃんと対応しておらず、思ったように表示されないから強制改行を使わざるを得なかったのだった。また難しそうな話で申し訳ないのだが、少々おつき合いください。てけれん。
 すなわち、スタイルシートを使うと段落(正確には「ブロック要素」)の上下左右の空き具合を指定できるのだけれど、指定方法によってはNetscape Communicatorでは正しく表示されないという話。具体的には、ブロック要素の上側の空き具合を指定する「margin-top」や下側の空き具合を指定する「margin-bottom」は反映されず、上下左右全部の空き具合をまとめて指定する「margin」指定だけが有効なのだった。スタイルシートを作ったときは、「margin-top」を試して「Navigatorではダメだ」ととりあえずそのままにしておいたのだ。てけれん。
 ひとまず明日から、スタイルシートを変えてみることにしよう。WWWブラウザのスタイルシートへの対応がもう少しよくなったら、また見栄えを考えることにする。ところで明日からって、明日はもう新年じゃないですか。新年元旦ミレニアム。とうとうここまできましたか。今年はありがとうございました。来年もよろしくどうぞ。てけれん。