今日のブックマーク

梅佳代は「幸せ」に鼻がきく写真家

【元記事:梅佳代は「幸せ」に鼻がきく写真家:d:id:manpukuya:20070116:umekayo

[画像:【写真展リアルタイムレポート】梅佳代「シャッターチャンス祭り」]おとといの「情熱大陸」に梅佳代が出ていたとのこと。見たかった。

彼女の楽しい写真は、この記事でたくさん見ることができる。

『うめめ』(ASIN:489815185X)という写真集も出ている。以前どこかの出版関係の方のブログで紹介されていて知った。

うめめ

うめめ

書店で現物を見たらとても面白く、判型は小さいながら1890円と、写真集としてはお手頃価格でお得感。

情熱大陸」での彼女の写真の撮り方は、こんな感じだったらしい。

  • レンズは単焦点標準、広角ズームの2本のみ。
  • たすきに掛けているカメラを構える→シャッターを切る、が一連の動きでとても素早い。構え直しとか、足をずらすとか一切なし。
  • しかも片手持ち多し。
  • で、切るのはワンショットのみ。連写なし。 Σ(゚Д゚)

それで、あの絶妙の瞬間を捉える訳だから、こりゃね、凄いね。

ウスイ スウプの日記 - 今日の

うーん、すごいです。

こんな記事も見つけた。梅佳代とともに浅草を撮影に行ったレポート。個人的には「前良し、右良し、左良し」という写真が好き。

(あっ、この記事では「情熱大陸」での放映がちゃんと予告されてる! 残念、気づいていれば〜)

梅佳代からは撮影に対するオーラは微塵も感じられない。浅草寺に入ると、おみくじを引き(凶だった)、フランクフルトを買い、おいしそうに頬張る。

そんな散策の途中、突然、カメラを眼に当ててまた戻す。それはほんの一瞬。どちらかというと、「撮ろうと思ったけど、シャッターチャンスを逃したから、撮らずにやめました」といった雰囲気なのだ。

しかし撮影後、撮影したカットを見せてもらうと、撮るのをやめたと思っていたシーンすべてが撮られていた。

(中略)

街でスナップを撮っていて、文句を言われたことや、怖い思いをしたことは1度もないと彼女はいう。近所の町とはいえ浅草六区をこれだけ自然に歩いて撮れるのを見ると、深く納得できる。すぐに街の雰囲気に馴染めて、なおかつ撮影が素早いからだろう。

(中略)

写真になってどう見えるか。梅佳代は、それを撮影時にある程度、的確に把握しているようだ。普通の人なら見過ごしてしまう瞬間を見つけ、シャッターを切る。偶然、撮れていたのではなく、見つけて収めているのだ。その判断力がすごい。

【特別企画】梅佳代、Kiss Digital Xを使う

梅佳代が自分で「いい」と思うのは、「幸せな感じが出ている」写真だそう。彼女は、「撮りますよ」というプレッシャーを与えずに人を撮影できるんだな。それどころか、被写体から幸せな感じを引き出す雰囲気を発しているのだろう。だから撮られる側が構えることなく、自然な表情で写ることになる。

彼女の写真を見ていると、面白い写真になるものに対して、鼻がきいてていいなと思う。

「犬も歩けば棒に当たる」わけだけれど、犬としての歩き方は人それぞれだから、どんな棒に当たるかも違ってくる。

つまり、個人の性格ごとに引き寄せるものがそれぞれあって、梅佳代の場合、それを写真に撮るとみんながニコニコしてくる種類のものだった、という感じだろうか。

そのくせ、写真を始めたきっかけが「写真をやっていた友人がかっこいいとあこがれて」というところがまた面白い。

美人の友だちが写真をやっていたのを見て、かっこいいと憧れ、撮ってみたら友だちに「上手!」と褒められたので、余計好きになった。

【写真展リアルタイムレポート】梅佳代「シャッターチャンス祭り」

実はこれも、友人が写真を撮っているのを「かっこいい」と感じるかどうかがまた人それぞれだったりする。梅佳代は自分にぴったりなものを選んだけれど、これは幸運であり彼女の才能でもあり、さらにいえば彼女の世界観の帰結でもあるだろう。

いずれにしても、このようにいいものを見せてもらえる我々が幸運なのは確かだ。

この日記の関連記事

人がなにを見てどうとらえるか、を考えていて見つけた記事

偶然の発見が高確率で発生するにはふたつの条件が必要なのではないかと思う。ひとつは経験の豊富さであり、もうひとつは経験から意味を見出す能力である。この2要素の積を常時高い値に保つ能力がセレンディピティなのではないか。

Passion For The Future: 偶然からモノを見つけだす能力―「セレンディピティ」の活かし方

バイオエタノールのプラントが大阪で始動、だけど…

【元記事:バイオエタノールのプラントが大阪で始動、だけど…:d:id:manpukuya:20070116:gas

今日見たニュースから。

木造住宅を取り壊した際に出る廃材から、バイオエタノールを作るプラントが完成した。

バイオエタノールは、植物から作る燃料。ガソリンに混ぜて使う。普通のガソリンと同じように使えて、アメリカでは積極的に導入されている由。地球温暖化を抑制する一助になると期待されている。

木材になる前の木は、空気中の二酸化炭素を取り込んで成長した。その木をもとに燃料を作れば、出てくる二酸化炭素はもともと空気中にあったものだから、新たに二酸化炭素を生むわけではない。そこがガソリンと違うところで、結果的に地球温暖化の進行を抑えることになるのだそうだ。

というわけでバイオエタノール入りのガソリンを出荷しよう、オー、となるわけなのだけれど、肝心のガソリンを仕入れることができていないそうだ。

石油業界が「ガソリンにバイオエタノールを入れるのはアカン」と反発して、このプラントにガソリンを出荷してくれなかったという。このままでは、せっかくバイオエタノールを作ってもガソリンに混ぜられず、そのまま捨てるしかないんだって。なんじゃーそりゃー。

でも京都議定書にもとづく二酸化炭素の削減目標は達成しなければならない。そのうち法律で「バイオエタノール入りのガソリンをこの程度出荷すること」みたいなことになるのだろうか。