「英國戀物語エマ」をまとめて見る

【元記事:「英國戀物語エマ」をまとめて見る:d:id:manpukuya:20051003:ema

ずっと前に地上波で放送されたのを、まとめて録画しておいたのを、まとめて見た。

19世紀末のロンドンを舞台にした、身分違いの恋模様。当時の風俗が丁寧に描かれていてよい。少し前にやっていた「名探偵ポワロとマープル」の舞台は1930年代だそうで、同じ街を舞台にしつつ数十年の違いがあるため、社会インフラの違いが感じられて面白いと思った。2つの時代は日本でいえば明治時代と昭和初期であり、それだけ離れていれば当たり前といえば当たり前か。

演出が細かく、ちょっとしたカットをあえて入れることでいろいろなことを示唆するコンテキストの高さも好み。回によっては、原画の人数が30分アニメとしてはやけに多かったりして、手をかけて作られていると感じる。

主人公の二人がこの時代で結ばれるには、揃ってアメリカに行くとかしかないんじゃないだろうか、とか思ったり。そんなふうに考えたりするくらい、脚本や演出による仕込みがうまいということだね。

アニメは「いったんここまで」のような終わり方だったので、続きが作られることを期待。「マンガはさらにヨイ」的な感想をちらほら見るので、マンガも読んでみよう。

追記:書こうと思って忘れてた! 晩餐会で「ウミガメのスープでございます」というシーンがあって、思わず吹いてしまったんだった。急いで自殺しないと!(→事情がわからない方はこちら

きになる本『ワールドタンクミュージアム図鑑』『かしこいお母さんに読んでほしい麻布の教育』

【元記事:きになる本『ワールドタンクミュージアム図鑑』『かしこいお母さんに読んでほしい麻布の教育』:d:id:manpukuya:20051003:book

新刊案内を見ていて、気になった本。

[書影:ワールドタンクミュージアム図鑑]ワールドタンクミュージアム図鑑
モリナガヨウ・著、大日本絵画、2310円、ISBN:4499228921bk1](食玩WORLD TANK MUSEUM」に収録されているイラストのまとめ本。個人的には戦車は好きではないのだが、この人のイラストはとてもいいです。モリナガ・ヨウの仕事では小学生4コマの『あら、カナちゃん!』(ISBN:4499228220)もおすすめ(紹介記事:d:id:manpukuya:20040828:kana))
[書影:かしこいお母さんに読んでほしい麻布の教育]かしこいお母さんに読んでほしい麻布の教育
佐藤勝・監修、イースト・プレス、1470円、ISBN:4872576160bk1](副題は「なぜ、麻布学園出身者は卒業後に強いのか」。特定の中学・高校の教育を採り上げて1冊作っちゃうのってけっこう珍しいような。イースト・プレスが教育ジャンルの本を出すのもね)