今日のブックマーク

錯覚の展覧会

【元記事:錯覚の展覧会:d:id:manpukuya:20050719:illusion

7月16日から9月18日まで、入場無料。場所は東大駒場キャンパスの駒場博物館1階、美術博物館展示室。8月6日には公開シンポジウムも開催される由。

ポスターの画像にあるような、動いて見える錯視のほか、音の錯覚なども扱っている模様。

朝日カルチャーセンター新宿教室〜「メガスターができるまで 星空への想い」

【元記事:朝日カルチャーセンター新宿教室〜「メガスターができるまで 星空への想い」:d:id:manpukuya:20050719:megastar

朝日カルチャーセンターの新宿教室で、大平貴之さんの講座が開かれる由。8月20日(土)の13:30〜15:00、受講料は一般3000円、小中学生500円。

従来にない星数を投影できる移動式プラネタリウムメガスター」の開発秘話。 幼少の頃から科学に興味を持ち、小学生でプラネタリウムつくりをはじめてから今日に至るまで。 そして現在取り組んでいるプロジェクトと今後の展開について。

夏休み科学の学校  メガスターができるまで 星空への想い 0390050

同じ場所の自然科学ジャンルの講座一覧を見ると、国立天文台海部宣男台長に渡部潤一先生、脳科学者の茂木健一郎などが出ている。

「全キートップにカラーディスプレイを搭載したキーボード〜ロシアのデザイン会社が開発」(PC Watch・05/07/15)

キートップの刻印を自由にカスタマイズできるキーボード。すごい。親指シフトモードにできれば、親指シフトを使ってみようと思う人が増えるかも。いやいや、普通の親指シフトキーボードのほうが安いかも。

コメント