カフェ・イン・水戸 2004にメガスター出展

水戸芸術館での美術展にメガスターが出展されるとのこと。8月8日(日)から10月3日(日)、月曜休館(ただし9月20日は開館、翌21日に休館)。

9月5日(日)の14時から15時には、「大平貴之トーク」がある由。「移動式プラネタリウムメガスター』を開発した大平貴之さんの軽快なお話」として、先着80名、現代美術ギャラリー内ワークショップ室にて。

メガスターメールマガジンメガマガ」によると、「自由に出入りできるスペースで、星空やCGによる映像空間をお楽しみいただけます」だそうだ。福岡の三菱地所アルティアムでの展示方法(→関連記事)に近いみたい。

水戸芸術館へは、以前ゲームの展覧会「BIT GENERATION」を観に行ったことがある。水戸駅から15分もてくてく歩けば着く距離。ただ上野から水戸は、思っていたより遠かった。今調べたら、「フレッシュひたち」で1時間19分、運賃は片道3510円! 常磐線の普通で行くと北千住から約2時間、1890円。むうー。このあたり詳しくは、「水戸芸術館への行き方」に出ている。

ロフトプラスワンイベント:宇宙作家クラブpresents「ロケットまつり2」 〜見てから死ね!ロはロケットのロ〜

【元記事:ロフトプラスワンイベント:宇宙作家クラブpresents「ロケットまつり2」 〜見てから死ね!ロはロケットのロ〜:d:id:manpukuya:20040801:rocket

宇宙作家クラブのサイトにも、正式に案内が出ました。「活動報告」のページです。

「8月9日(月曜日)午後7時30分から、SACメンバー4人によるトークライブを、新宿・歌舞伎町のロフトプラスワンで行います」。出演は「浅利義遠(漫画家)、笹本祐一(SF作家)、松浦晋也(ノンフィクション・ライター) 他」。

宇宙開発やロケットにちょっとでも興味のある方はぜひどうぞ。