ATOKの推測変換に不満

【元記事:ATOKの推測変換に不満:d:id:manpukuya:20040312:p3

仕事では、定型の表現が多い。なるべく打鍵数を減らして、省力化したいものだ。

ところが、JapanistからATOKに移行したら、結果的にキーの打鍵数が増えていると感じる。

推測変換の候補は控えめにしか出ないし、いったん確定した文字列が、なかなか推測変換の候補に入らないという感触もある。

たとえば、まず「推測変換の候補は控えめに」と一気に確定してみる。

次に「すい」と打ったとき、Japanistならばもう「推測変換の候補は控えめに」が推測変換の候補に出たものだ。しかしATOK17では、「すい」と入力しても「推測変換」が候補に出るだけだ。これは、省入力候補の一覧を表示させても同じ。

「すいそくへんかんの」まで打ち、かつ省入力候補の一覧を表示させて初めて、「推測変換の候補」までは候補に出る。さらに「すいそくへんかんのこうほは」まで打ってみても、省入力候補には「推測変換の候補は控えめ」が出るだけだ。

「推測変換の候補は控えめに」を何度か入力してみたら、「推測変換の候補」までは省入力候補に入った。しかし「推測変換の候補は控えめに」の全文を省入力候補に入れることはできていない。

結局、「推測変換の候補は控えめに」を省入力候補に表示させるには、「すいそくへんかんのこうほはひかえめに」まで打たなければならない。これでは、入力する内容をすべて打ち込んでいた今までと、なにも変わらない。

もちろん、「推測変換の候補」「は控えめ」「に」と順次確定していくなら、「すい」「はひ」「に」の5文字から、「推測変換の候補は控えめに」と入力できる。しかしJapanistでは2文字で全文を入力できていたのに比べると、それこそ「推測変換の候補は控えめ」だと感じる。

ATOKは、推測変換の候補になる文字数が、Japanistに比べて少ないのかもしれない。このあたり、もうちょっと研究してみよう。

「日記リンク元の記録方式について」(d:id:hatenadiary:20040312#1079063966)

【元記事:「日記リンク元の記録方式について」(d:id:hatenadiary:20040312#1079063966):d:id:manpukuya:20040312:p2

たとえば、「はてなダイアリーなんちゃら」というちょっと長めのキーワードからのリンクは、まとめて同じカウントにされるわけか。ナルホド〜。

それからアクセス解析ツールを開発中であることも書かれている。「詳細なアクセス解析をご希望の方は、こちらをご利用いただけるよう…」と書かれているあたり、アクセス解析機能は有料になりそうなオーラを感じた。

URLやメールアドレスからはキーワードを抽出しない(d:id:hatenadiary:20040312#1079061644)

【元記事:URLやメールアドレスからはキーワードを抽出しない(d:id:hatenadiary:20040312#1079061644):d:id:manpukuya:20040312:p1

d:id:Imamura:20040305:p1や、ほかの方からも出ていた要望が通った。よかった。これで、本文中にURLを載せるたびに「http」や「html」、「cgi」などを抽出解除(「キーワードの編集」)しなくてもよくなった。