マーケットプレイスにも出せない本

【元記事:マーケットプレイスにも出せない本:d:id:manpukuya:20040110:p2

[書影:アルジャーノンに花束を]今の住所に引っ越してきて4カ月。段ボールの中から本を少しずつ出してきて、本棚に入れている。面白かったけれどもう読まない、という本も出てくるが、捨てるのはしのびない。そこで、Amazonマーケットプレイスにぼちぼちと出品している。お金のやり取りはAmazonが代行してくれるため、こちらがすることといえば「出品手続き」→「売れたら発送」だけなのがお手軽でいい。

しかし、ベストセラーや文庫化済みの本は、マーケットプレイスでは値崩れしてしまっている。

この間本箱から出てきたのは、『アルジャーノンに花束を』の単行本(ISBN:4152033932)。とてもいい話だったが、ずっと手もとに置いておきたいわけではない。マーケットプレイスの値段を調べてみたら、最安値は現在わずか190円。しかも、すでに5点も出品されている。それに、文庫版がある今、いくら安くても、わざわざ単行本を買って読もうという人がいるだろうか。

希望の国のエクソダス』の単行本(ISBN:4163193804)も似たような状況だ。

本を捨てるのは気が進まないけれど、こういう本は仕方ないかも。目立つようにごみ捨て場に置いておいたら、読みたい人が持っていってくれるだろうか。

もし読みたい方がいらしたら、id:manpukuyaまでご連絡ください。送料のみでお譲りします。お金のやり取りははてなポイントで。冊子小包で発送し、送料は290円か340円です。

氷河の下の隠れた湖

【元記事:氷河の下の隠れた湖:d:id:manpukuya:20040110:p1

BS1で、「サイエンスアドベンチャー〜探検 世界の高峰」という番組をやっていた。「氷河に眠る巨大湖の謎」ということで、氷河の下に隠れている湖の話。

氷河の下に、少しずつ水がたまっていくことがあるという。水がたまりすぎると、ある日氷河が破れて大量の水が一気に流れ出す。隠れた湖の大洪水で、下流の町が大きな被害を受けたこともあるそうだ。へえー。

番組では、モンブランでいろいろな氷河の安全性を調べている人たちの活動が紹介されていた。雪山の自然の映像も含めて、なかなか面白かった。