アミノ式の明るい生活計画:アミノ式CM紹介

http://www.suntory.co.jp/softdrink/aminoshiki/page4.html

サントリーの公式サイトで、例の「燃焼系ー燃焼系ーアーミノー式ー」のCMを見ることができる。

2、3日前に新作の「ピラミッド高校生」編を見て、度肝を抜かれたところだったので紹介。

きになる本

【元記事:きになる本:d:id:manpukuya:20030910:p2

新刊案内を見ていて、気になった本。

[書影:最期の九龍城砦 完全版]最期の九龍城砦 完全版
中村晋太郎・著、新風舎、2000円、ISBN:4797431040(香港にあった廃墟建築の王様、九龍城砦の写真集。A5判、128ページで2000円という、手頃な作りに好感。ところでbk1では、書名を「九『竜』城砦」と表記している。bk1で「九龍城」で検索してもこの本はきちんと出てきたが、その表記はちょっとどうかと思う)

ガンダムと第二次世界大戦 かくしてジオン軍、ドイツ軍は戦い、敗れた
鈴木ドイツ・著、クリックコード、1200円、ISBN:4331509990(コアなファンではない自分にとって、ガンダム第二次世界大戦との組み合わせは、以前宝島から出た『ガンダム英語』(ISBN:4796633154)と同種の驚き)

映画に毛が3本!
黒田硫黄・著、講談社、1200円、ISBN:4063645274(当代きってのマンガ家が、映画について語る。ちょっと同人誌的なテイストも感じる)

なにをDVDで残すのか

【元記事:なにをDVDで残すのか:d:id:manpukuya:20030910:p1

HDD/DVDハイブリッドレコーダRD-XS31)を買った理由のひとつは、βやVHSで録りためたビデオテープを整理してしまいたいということ。ビデオの山の中から、必要なものだけをデジタル化する計画だ。

しかし、実際にビデオテープからHDDへの録画を始めようとしたところ、1本目のテープでさっそくつまづいてしまった。

ビデオデッキに入れっぱなしになっていたテープ。ラベルなどはなく、なにが録画されているのかわからない。再生してみると、おお、これはなつかしい銀河テレビ小説ではないか。井上ひさし原作の『四捨五入殺人事件』(原作はISBN:410116813X)。中条静夫中村雅俊大竹まことなどが出演する連続ドラマの最終回だ。これは面白かったな。最後に中条静夫が詠む、「鬼哭(おになき)の 森に住みたい いつまでも 山を越えれば りんごの里」という歌も面白い。

しかし、さてどうしよう。これもDVD化するべきだろうか。ここで悩んでしまったのである。

『四捨五入殺人事件』は面白いドラマではあった。しかし、最終回だけDVDにしてどうする? もう一度見るかどうかもわからない。もう亡くなっている中条静夫の姿のほか、やけに若い中村雅俊大竹まことの様子も、今見ると面白いことは面白い。でも保存版にするべきかどうか。

悩みつつ、とりあえずHDDに録画してしまった。この調子では本当に、ビデオテープがそのままDVDに置き換わるだけだ。これでいいのだろうか。

次は、絶対にDVD化するつもりのビデオテープに手をつけようと思った。