国勢調査2020

f:id:Imamura:20200918122239j:plain

5年ぶりの国勢調査に回答した。

前回の封筒と見比べてみると、今回から中国語とハングルも書かれているのがわかる。ネットで回答できるようになったのは前回からなんだ。「次回の国勢調査は2020年。東京オリンピックももう終わっている」なんて書いていて、当時はまさか1年延期されるなんて想像できるはずがない。ハハハと乾いた笑いが出た。

回答は特に問題なく進んだ。入力例が全角数字になっているところもあえて半角数字を入力し、そして何も言われなかった。いいですね。

途中でいったん回答を中断する操作がないみたいなのは前回と変わらず。いったん全部入力してあとで修正するという方法しかないようだった。回答後のアンケートにそのことを書いておいた。

タレントはメインが芦田愛菜。そのほか要潤川栄李奈、デーブ・スペクター。(ラグビーのリーチマイケルに似た人もいるが、「【PDF】令和2年国勢調査の広報について」によるとこの4人だけみたい)

f:id:Imamura:20200930205347p:plain

f:id:Imamura:20200930205302j:plain

次の国勢調査は2025年。大阪・関西万博が2025年だそうだ。またこの年は昭和100年にあたるため、古いコンピュータシステムに2000年問題のような不具合が出るかもしれないと言われているとのこと。へえー。

今は新型コロナウイルスで1年後のこともわからないのに5年後のことなんて想像できない。新型コロナウイルスとうまくつき合えるようになっていたらいいな。

関連リンク

警告灯がついたので車をディーラーへ持っていく

f:id:Imamura:20200925160306j:plain

車のエンジンをかけたらエンジンの警告灯がついたままになった。びっくりしてディーラーへ。

見積もりは以下と出た。

  • ノック・センサ取り替え(工賃):22,176円
  • センサー、ノック×1:3,877円
  • ガスケット、インレットマニホールド×4:3,916円

合計は29,969円。痛い出費だが仕方がない。「修理しないと警告灯は消えないでしょうから」と言うとディーラーは「今は警告灯は消えています」とのこと。

パーツを発注して届くまで半月ほどかかる、その間は普通に運転していても大丈夫だそうだ。交換には半日くらいかかるので、午前中に預けに来られる日を調整しましょうということになった。

パーツが届いたら連絡してもらうよう頼んでディーラーを出た。確かに警告灯は消えている。そしてパーツが届くまで運転していてもよい。

あれ、ということはあわてて修理しなくても現状維持でいいのでは。どうしても警告灯が消えないとなったら修理すればいい。帰宅してディーラーへ電話し、修理をキャンセルしてもらった。

小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会(拡張ミッションの選定結果)

日時

  • 2020年9月15日(火)15:30~16:30

前回の記者説明会

登壇者

f:id:Imamura:20200915173755j:plain

はやぶさ2」プロジェクトチーム

  • ミッションマネージャ 吉川真 (よしかわ・まこと)(JAXA 宇宙科学研究所 宇宙機応用工学研究系 准教授)
  • 航法誘導制御担当 三桝裕也 (みます・ゆうや)(JAXA 宇宙科学研究所 主任研究開発員)
  • プロジェクトサイエンティスト 渡邊誠一郎 (わたなべ・せいいちろう)(名古屋大学大学院環境学研究科 教授)

(左から吉川氏、三桝氏、渡邊氏)

中継録画

関連リンク

本日の内容

f:id:Imamura:20200915151824p:plain

目次

続きを読む

マスクをつけなかった乗客の言い分

数日前に、ピーチ・アビエーションの機内でマスク着用を拒否した乗客がいたため飛行機が途中で緊急着陸したというニュースがあった。

航空会社によりますと、出発前、客室乗務員が乗客の中にマスクをつけていない男性がいるのを見つけ、着用を求めたところ、男性は求めに応じませんでした。

出発したあとも男性は着用を拒否し続け、別の乗客がマスクをしていない人の近くは嫌だと言ったことに対し、「侮辱罪だ」と声を荒げたり、客室乗務員が警告書を渡すと告げた際に「やれるものならやってみろ」と威嚇したということです。

このため、機長が機内の秩序を乱す行為に当たると判断し、新潟空港に臨時に着陸して男性を降ろしました。

乗客の男性 マスク着用拒否 旅客機が新潟空港に臨時着陸 | 新型コロナウイルス | NHKニュース

なるほど、わがままな乗客がいたためにやむなく下ろされたらしい。でもなぜマスクをつけたがらなかったのだろう。

航空機を緊急着陸させると賠償金が1,000万円! みたいな話も出ていて恐ろしいと思ったりした。たとえばこちら:

なにかあったら最悪機内の全員が死ぬのが航空機だから、「機内ではいい子にしていましょう」はまあその通り。

この記事で、今回のマスクをつけなかった乗客本人らしいTwitterアカウントが紹介されていたので読んでみることにした。

これがとても冷静かつ理知的な書きぶりで、話も詳細にわたっていてなりすましの作り話とは思えない。NHKなどの記事はピーチ側の主張を裏取りせずにそのままたれ流していると主張している。そのほか論点がいろいろあるのでツイートをピックアップしてみた。

まずNHKの報道について。

ピーチ・アビエーションの対応について。

ピーチ・アビエーションの下のページに「ご搭乗いただくお客様へのお願い」があり、そこに「空港内・機内では、マスクを着用してください。」とある。

あくまで「お願い」でありルールではないから話は聞くが従わない、という意見である。

また「お願い」ベースのことに対して自分のプライバシーを開示することに抵抗があるとも。

ジェットスター航空は搭乗前にカウンターで事情を説明する機会が設けられていて、その結果トラブルなく搭乗できたとのこと。

なぜマスクをつけないのか、理由を説明すればよかったのではないかという意見には以下。

ここは痛いところを突いてくると思った。「~すればいいのでは」が多くの人にできることでも、さまざまな理由でそれをできない人には厳しかったりする。今の社会はこういうところの寛容さや、自分と異なる人を理解しようとする気持ちを持ちにくくなっていると感じる。

で、@mask_passenger氏のツイートで一番恐ろしいと思ったのはこのあたり。

そして@mask_passenger氏のツイートにも、「集団の秩序を乱したのだから追い出されて当然だ」とか「少しの配慮もできないのか」のような厳しめのリプライが並んでいたりする。ピーチの対応いかんでは、そもそもトラブルにならなかったかもしれないのに。

客室乗務員の指示に従わなかったのだから降ろされても仕方がないという意見も多く見るが、その指示が常に正しい保証はない。緊急着陸が妥当な措置だったかは検証が必要だろう。「飛行機の到着を遅らせて乗客に迷惑をかけたから謝るべき」なのは@mask_passenger氏なのかピーチ・アビエーションなのかということだ。

シンガポールなら逮捕だ」という人には、「法に価値観を委ねる人」になってますよ!と言いたい。

一連のツイートは@mask_passenger氏から見た事実である。NHKなどの記事に載ったピーチの主張と同様、こちらもそのままうのみにするのは危ない。でも一方の言い分だけを聞いてわかった気になってはいけないなと改めて思ったのだった。

「改めて」なのは以前、コーヒーをこぼしてやけどを負った人が裁判を起こして賠償金290万ドルという判決が出た「ホットコーヒー裁判」の記事を思い出したから。

言いがかりの裁判? いえ実は、という事例など、直感に反する話をいろいろ紹介しているのでぜひ読んでほしい。

これは佐々木俊尚氏がたまにツイートしている「魔除け」だ。

今はこれが佐々木氏の固定ツイートになっている。「自分が正義だと思ってる人ほど恐ろしいものはないねえ」というアレである。

@mask_passenger氏のようなめんどくさい人が身近にいると面倒なことが起きがちだ。でもホットコーヒーで裁判を起こしたり、職務質問の妥当性を問う訴訟を起こすようなめんどくさい人がいるおかげで、権力を持つ側や多数派に自制を促してくれているともいえる。今回も、世間の「普通」から外れる人の生きづらさについて考える機会になったのではないだろうか。多様性を受け入れる社会にしていきたいものだ。

ところで、マスクは新型コロナウイルスへの感染を防ぐものではなく、自分が口から出す飛沫で他人を感染させないために使うものだという。そして感染しても自覚症状がないまま他人への感染性を持つこともある。となればマスクはつけたほうがよい。一方でいわゆる「3密」にならない環境ではマスクは必須でもない。

Q8.散歩にゆくときにもマスクは必要ですか?
(中略)人々が集まっているところにどうしても入り込まなければならないときには、マスクを着用します。マスクの目的は自分が感染者であった場合に周囲の人々に感染させないことです。そのため、周囲2m以内に誰もいない状況であればマスクを着用する意味がありません。
新型コロナウイルスQ&A | 診療科・部門 | 浜松医療センター

そして下のページによると航空機内はよく換気されていて、3分ですべての空気が入れ替わるそうだ。隣の座席の人とお互いマスクなしで長時間会話をしたらさすがに感染するだろうけど、ウイルスが機内に充満するような環境ではないことは知っておきたい。

「とにかくマスクをしていないと不安だ、ほかの人もマスクをしていてほしい」のような人が、マスクをしていない人に罵声を浴びせるような状況になっている。とにかくいつもマスクをしていなければダメと硬直的に考えるのではなく、マスクをできない人がいるかもしれないという想像力を持ち、そもそもマスクが本当に必要な場面かも考えるようにしたい。

(なんか話があちこちに飛んでいるけど構わずに上げちゃう)

小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会(豪州の着陸許可とリエントリ誘導計画)

日時

  • 2020年9月2日(水)14:00~15:00

前回の記者説明会

登壇者

f:id:Imamura:20200902154949j:plain

JAXA 宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクトチーム

(左から津田氏、中澤氏、吉川氏)

中継録画

関連リンク

本日の内容

(吉川氏から)

f:id:Imamura:20200902135208p:plain

続きを読む

自作キーボードキット「Attack25」ビルドログ

f:id:Imamura:20200815142807j:plain

だいぶ前に買った自作キーボードキット「Attack25」をようやく完成させた。

買ったときの記事
自作キーボードほどわかりやすい沼はない(https://ima.hatenablog.jp/entry/2019/01/09/233000

ビルドガイドと、「VIA」というキーマップを簡単に変更できるファームウェアの記事はこちら。

組み立て終わってみると、下のような順序で進めるのがいいような気がした。

  1. Pro Microのもげ対策
  2. ビルドガイド4.「Pro Microにファームウェアを書き込む」
  3. ビルドガイド3-2.「コンスルーの実装」
  4. ビルドガイド1.「RGB LEDの実装」
    • LEDのチェック(随時)
  5. ビルドガイド2.「ダイオードの実装」
  6. ビルドガイド7.「テスト」
  7. ビルドガイド6.「リセットスイッチの実装」
  8. ビルドガイド8.「スペーサーの取り付け」
  9. (ビルドガイド9.「スタビライザーの取り付け」)
  10. ビルドガイド10.「スイッチの実装」
  11. ビルドガイド11.「テスト」
  12. ビルドガイド12.「ボトムプレートの取り付け」

この手順で組み立てながら、追加情報を書いていきます。

部品の取り付けの完了イメージ

基板のどちら側に各種の部品を取り付ければいいかの参考にどうぞ。

2枚の基板を表向きにするとこう
f:id:Imamura:20200808104929j:plain
2枚の基板を裏向きにするとこう
f:id:Imamura:20200808105016j:plain

Pro Microのもげ対策

ダイソーの2液エポキシ接着剤を購入。

f:id:Imamura:20190323172037j:plain

コネクタ(レセプタクルという)を後ろから囲むように盛り付ける。接着剤がレセプタクルの内部に入り込まないように注意。

f:id:Imamura:20190323173352j:plain

f:id:Imamura:20190323175832j:plain

これが固まるとレセプタクルの「もげ」を防いでくれる。

その上でマグネット式のUSBケーブルを使う。Amazonではたとえばこれ。

買ったのはAliExpressにあったこれ。「Silver 1m for micro」というのがいま381円。

Attack25側はこうなる。

f:id:Imamura:20200808134530j:plain

USBポートに小さなコネクタを差し込んでおき、USBケーブルはそこに磁石でパチンとくっつく。強く引っ張ると外れるようになっている。MacのMagSafeみたいな感じ。

ファームウェアの書き込み(ビルドガイド4.「Pro Microにファームウェアを書き込む」)

Pro Microにファームウェアを入れれば、LEDのチェックなどができるようになる。

VIA対応のhexファイル(→ファイルへの直接リンク)が下のページの「ビルド環境を入れるのが面倒くさい人のためにhexを置いておきます」にある。

これをQMK Toolboxから書き込めばよい。

もしファームウェアを自分でビルドする環境を構築するなら、MSYS2をインストールする。

そこからは下のドキュメントに書かれている。

なのだけど自分の場合、Windows用とされているコマンドを入れてもエラーが出てしまった。

入れるコマンドはこれ。

pacman --needed --noconfirm --disable-download-timeout -S git mingw-w64-x86_64-toolchain mingw-w64-x86_64-python3-pip
python3 -m pip install qmk

エラーメッセージはこう。

$ python3 -m pip install qmk
bash: python3: コマンドが見つかりません

Pythonがインストールされていないみたい。解決までにいろいろ試したのでこれが正しいか確証がないが、たぶん以下のコマンドを入れてから上のコマンドを再度実行したらうまくいった気がする。

pacman -S mingw-w64-x86_64-python3
参考にした別のページ(こちらは情報が古いかも)
プログラマーではない人向けのQMK Firmware入門 - Qiita(https://qiita.com/cactusman/items/ac41993d1682c6d8a12e

さてではファームウェアをビルドしましょう、とやったら今度は別のエラーが出た。

$ make attack25:via:flash
Making attack25/attack25/rev1 with keymap via and target flash

tmk_core/protocol/lufa.mk:14: lib/lufa/LUFA/makefile: No such file or directory
make[1]: *** ターゲット 'lib/lufa/LUFA/makefile' を make するルールがありません.  中止.
Make finished with errors
make: *** [Makefile:584: attack25:via:flash] エラー 1

「qmk_firmware\lib\lufa」ディレクトリを見たら空っぽだった。なんで? 以下のページを参考に、そこにlufaを入れたらビルドが通るようになった。

lufaのダウンロード元は以下。

コンスルーのはんだ付け(ビルドガイド3-2.「コンスルーの実装」)

ここからははんだ付けをしていく。はんだの煙をなるべく吸わずにすむように、吸煙器を用意した。HAKKOの吸煙器はいまAmazonで8,244円。

フィルターとUSBファンを調達してお手軽な吸煙器を作る記事を読んだ。

これを参考に、120ミリのUSBファンとHAKKOのフィルタを調達した。

f:id:Imamura:20190323182448j:plain

ファンはGROOVYの「BIG-FAN120U for Men」を買った。メーカー名が違うけどこれがたぶん同じ商品だと思う。いまAmazonで859円。

TIMELY USBファン BIGFAN120U for Men

TIMELY USBファン BIGFAN120U for Men

  • メディア: Personal Computers

フィルターはHAKKOの5枚組を買った。いまAmazonで1,743円。

白光 フィルター 5枚セット A1001

白光 フィルター 5枚セット A1001

  • メディア: Tools & Hardware

フィルターを輪ゴムでUSBファンに取り付ければはんだ吸煙器になる。ちゃんとはんだの煙を吸ってくれた。

コンスルーはこの向きで基板に取り付ける。

f:id:Imamura:20200807162742j:plain

詳しくは以下。

小さい窓がPro Micro寄りになります。 また、実装時には二本ともに小さい窓が同じ方向を向くようにしてください。

https://camo.githubusercontent.com/54941730e4017e3270d58a7a310bb9256c529a28/68747470733a2f2f692e696d6775722e636f6d2f51736d4f5031582e6a7067

Helixベータ ビルドガイド

そこにPro Microを裏返しに置き、コンスルーをPro Microにはんだ付けする。(コンスルーは基板にははんだ付けしない

はんだ付け前。

f:id:Imamura:20200807162849j:plain

はんだ付け後。

f:id:Imamura:20200807163359j:plain

で、Pro Microはいったん基板から取り外す。

LEDのはんだ付け(ビルドガイド1.「RGB LEDの実装」)

※このキットは旧型の基板(rev.1b)で、現在はLEDをはんだ付けしやすい「TAB版」に改良されています。そのほかの変更点は「ATTACK25 True25新基板完成です | 25KEYS」と「ATTACK25 True25 TAB付LED対応版 | 25KEYS」をご覧ください

LEDをバックライトとして使うなら、LEDの発光面が基板上の「ATTACK25」のロゴ側に来るようにはんだ付けする。

f:id:Imamura:20200807151953j:plain

LEDは熱に弱く、はんだごての温度を220度~250度と低めにするように書いてある。はんだ付けに使ったはんだごて(gootのPX201)は一番低い温度設定が250度なのでLEDが大丈夫かどうか心配だった。C型のこて先(円柱を斜めにカットした形状)にはんだを溶かして、手早く広げるようにはんだ付けした。はんだ付けの前にはんだ付けするところにフラックスを塗っておくと、基板上の金属部分にだけはんだが乗るようになって時間をかけずにはんだ付けできる。はんだ付けが終わったら無水アルコールやフラックスリムーバーを綿棒につけてフラックスを除去する。

(いまAmazonで2個セットでない商品は「送料900円」だった。危ない)

LEDを点灯させてチェック

ファームウェア入りのPro Microを基板に取り付けてUSBにつなぐとLEDが全部点灯する(はず。自分はダイオードを取り付けたあとに点灯するか試した)。点灯しないLEDがあったらはんだ付けの不良がないかなどをチェックする。

f:id:Imamura:20200807203445j:plain

点灯の不良はなくてホッ。

以下は点灯しないLEDがある場合に参考になるかもしれないページ。

ダイオードのはんだ付け(ビルドガイド2.「ダイオードの実装」)

ダイオードの足を曲げてスルーホールに通し、余分な足をニッパーで切ってからはんだ付けした。はんだ付けしてから足を切ると、そのときの衝撃でのちのちはんだ付け部分にクラック(ひび)が入りやすいと聞いたことがある。

ダイオードの足の折り曲げには適当な厚みの本が便利。自分の蔵書の中ではブルボン小林の『ぐっとくる題名』がちょうどよかった。本の厚さは実測で9ミリ。

f:id:Imamura:20200807154245j:plain

ダイオードを基板に通したら裏返してマスキングテープで固定する。こうすれば足を切っても基板からポロリと落ちることはない。

f:id:Imamura:20200807160534j:plain

25個のダイオードを取り付け終わった様子。

f:id:Imamura:20200807162338j:plain

USBケーブルをつないでチェック(ビルドガイド7.「テスト」)

各キーがきちんと入力されるかどうか確認するには、VIAの「KEY TESTER」を使うのが便利。VIAはあとでキーマップの編集にも使うのでインストールしておくとよい。

VIAを起動したら[File]-[Import Keymap]でAttack25のjsonファイルを読み込む。Attack25のjsonファイルはファームウェアと同じ以下のページにある。

f:id:Imamura:20200816120242p:plain

「KEY TESTER」をクリックしたときフルキーボードが表示されたら、画面下の「Test Matrix」をオンにすると上のような25キーだけになる。

「KEY TESTER」では上のように、押されたキーの色が変わる。上の画像は0~9のキーを押したときの様子。KEY TESTERの状態でほかのアプリケーションに切り替えてもVIAのKEY TESTERは機能する。

Attack25のデフォルトのキーマップは以下。

f:id:Imamura:20200815233855p:plain

[ScrollLock][PrintScreen][Delete]はそれぞれ、レイヤー2~4の入力のためのキーを兼ねている。これらのキーを押しながらほかのキーを押すと、対応するレイヤーのキーが入力される。たとえば[ScrollLock]を押しながら[1]を押すと[F1]が入力されるといった具合。

リセットスイッチのはんだ付け(ビルドガイド6.「リセットスイッチの実装」)

リセットスイッチはどちら向きではんだ付けしてもよい。

ビルドガイド8.「スペーサーの取り付け」/(ビルドガイド9.「スタビライザーの取り付け」)

ここは特になし。

キースイッチのはんだ付け(ビルドガイド10.「スイッチの実装」)

ここで秘密兵器が登場する。プラモ材料の通販サイト「G PARTS」で売られている「ゴールドシンプルモールド(S)」。ジオン驚異のメカニズムである。

  • ゴールドシンプルモールド 20個入(各種) - G PARTS [ジーパーツ] * 模型工具・ツール・プラモデル改造パーツ・メタルパーツ・ガンプラ改造パーツ他模型材料専門通販ショップ~(https://shop-gparts.com/?pid=9838574

f:id:Imamura:20200808113502j:plain

これがベリリウムの代わりになるという話を読んで、お手軽にキースイッチを交換できるようにしたくて買ってみたのだった。

ひとつ前の記事「はんだ吸い取り器があれば自作キーボードのソケット化にはこだわらなくていいかも」ではベリリウムでのソケット化にあまり積極的でない書き方をしている。でも結局Attack25はソケット化した。上の記事ではんだ吸い取り器を使ってキースイッチを取り外してみたら案外大変でないしきれいに取れるとわかったが、ゴールドシンプルモールドを買ったのはそれよりだいぶ前だったので、せっかくだから使おうと思ったのだった。

それに「ゴールドシンプルモールド」はベリリウムよりだいぶお安くて、20個(キースイッチ10個分)で200円。普通のソケットが遊舎工房で10個150円だからそう変わらない。

一方で、Attack25に使おうと思っていたキースイッチがゴールドシンプルモールドに適合しないこともわかった。

Attack25用に買ったキースイッチはKailh Box Royalである。

このキースイッチのピンにゴールドシンプルモールドをつけたとき、中央に近いほうのピン(下の写真では手前側)がスカスカだなーとは思っていた。この状態でひっくり返すと、そちらのゴールドシンプルモールドだけピンから外れる程度のゆるさである。

f:id:Imamura:20200808105713j:plain

でもまあ大丈夫でしょうとやってみた。トッププレートにキースイッチをはめ込み、裏返してすべてのキースイッチのピンにゴールドシンプルモールドを差し込む。

f:id:Imamura:20200808112420j:plain

その上に基板をそっと置いて、すべてのピン(とゴールドシンプルモールド)が基板の穴から出ていることを確認する。(ここでキーを押してちゃんと入力されるかチェックしておけばよかった)

f:id:Imamura:20200808113317j:plain

ゴールドシンプルモールドの中にはんだが入らないよう注意しながらはんだ付けした。

f:id:Imamura:20200808122652j:plain

最終テスト(ビルドガイド11.「テスト」)

ところがです。これでキーボードとしては完成~とうきうきしながらUSBケーブルをつないでみると多くのキーが反応しない。導通が安定せず、1回だけ押したつもりでも連続して入力されてしまう(=チャタリングが起きる)キーもある。テスターで導通をチェックしながら、入力に不安があるキーを取り外していったらこうなった。

f:id:Imamura:20200815120028j:plain

全然だめじゃん! じゃあどうしよう。スカスカなほうのピンにちょっとだけはんだを盛る? あるいは、スカスカするほうのゴールドシンプルモールドだけ取り外して、そこはキースイッチを直接はんだ付けする?

とここで、別のキースイッチならどうだろうと思いついた。前の記事で取り外したCherry MXの黒軸がある。これに交換してみたところすべてのキーが安定して導通した。やったー。

ゴールドシンプルモールドはキースイッチを選ぶみたい

先ほどのツイートには続きがある。

同じKailhのキースイッチでもCreamSwitchは問題がないみたい。こちらで使おうとしたBox Royalとはピン部分のパーツが違うのだろうか。それからGateronのキースイッチはピンが太いのね。遊舎工房のMill-Max ソケットの商品説明でも「Gateron製スイッチは入りにくいことがありますのでご了承ください」と書かれている。

ボトムプレートを取り付ける(ビルドガイド12.「ボトムプレートの取り付け」)

ボトムプレートを取り付けてよく見ると、少したわんでいるようだ。(下の写真はキースイッチをCherry MXに交換する前のもの)

f:id:Imamura:20200815113556j:plain

Pro Microのピンがボトムプレートに当たっている。ビルドガイドの「3-2.コンスルーの実装」にこう書かれていた。

アクリルボトムプレートとProMicroからはみ出たコンスルーの足部分が干渉することがあります。この場合は、はみ出したコンスルーをニッパーなどでカットして対処してください。

Attack25 キット内容&ビルドガイド | 25KEYS

このあと付属のゴム足をつければ、ボトムプレートがたわんでいてもグラグラすることはない。ピンはカットしなかった。

これで完成だ! 当初予定していたキースイッチを使えなかったのは残念だが、モノが完成する喜びが上回った。

f:id:Imamura:20200815142807j:plain

キーキャップはおもにキースイッチと同じくMajestouchから。紺色のキーキャップはイベントでもらったもの、赤いキーキャップは遊舎工房で買ったDSAプロファイル。

ところでAttack25はおもにテンキーとして使うので電卓を内蔵させたい。OLEDの画面をつけて、ちょっとした計算をできるようにしたい。Pro MicroのI²Cピンが空いていて、OLEDをつなげられることはわかっている。そして計算結果をパソコンに入力できるとなおよい。しかしファームウェアをどうプログラミングするかはまったく知らないので、そこから勉強しないと。

この記事はAttack25で書きました…ということはなくて、おもにTK-FBP044(普通の市販のキーボード)を使い、Attack25は数字の入力などで補助的に、かつちょっとむりやり使いました。

次はTK-FBP044を置き換えるキーボードを作りたい。分割式にして中央にAttack25を置くつもり。

はんだ吸い取り器があれば自作キーボードのソケット化にはこだわらなくていいかも

自作キーボードの部品取りのために中古で手に入れた市販のキーボードがある。入力できないキーがいくつかあるため安かった。キースイッチとキーキャップを流用するつもり。

f:id:Imamura:20190109220316j:plain

キースイッチは基板にはんだ付けされている。はんだ吸い取り器を初めて使って、これを取り外した。はんだごてではんだを溶かし、はんだ吸い取り器でパコンと吸い取る。思った以上にきれいに取れた。吸い取り器を基板に対して垂直にするのがコツみたい。

f:id:Imamura:20200808171147j:plain

キースイッチ側も、きれいに取れればこんな感じ。(ピンにもう少しはんだが残っているものもある)

f:id:Imamura:20200813210635j:plain

はんだ吸い取り器はAmazonだと1000円以上する高級品もあるが、AliExpressの最安値は50円以下(「desoldering pump」で検索)。ダイソーで200円で売られていたこともあるようだ。

エンジニアのはんだ吸い取り器「SS-02」は2,155円!

HAKKO(白光)のはんだ吸い取り器は種類が多い。Amazonにある「20G」は1,483円。

AliExpressだとたとえばこれ。送料無料で48円!

はんだごてとはんだ吸い取り器が一体化した製品もある。サンハヤトの「はんだシュッ太郎NEO」はいまAmazonで4,973円。

高級品はgootの「TP-100」(いまAmazonで19,072円)とかHAKKO(白光)のFR-301(いまAmazonで21,502円)などがある。

白光 FR301-81 100V ゴム平形プラグ

白光 FR301-81 100V ゴム平形プラグ

  • メディア: Tools & Hardware

HAKKO(白光)にはFR-400という高級品もあった。いまAmazonで115,492円!

はんだごてとはんだ吸い取り器ではんだを吸い取っていて気がついた。一部のキースイッチはピンが折り曲げられている。ダイソースクレイパー(刃を収納できるタイプ)でピンを起こしてから取り外した。

f:id:Imamura:20200813204113j:plain

プレートにはめ込まれたキースイッチを引き抜くのは専用の工具を使った。いまAmazonで550円。

Amazonでは2つの店で同じ商品が同じ最安値で売られている。レビューが多い方は発送時期が明記されていなかったのでもう一方(↑)で買った。

AliExpressだと156円。

AliExpress.com Product - Universal Keyboard Key Cap Puller for Mechanical Keyboard Keycap Remover Key

  • ショップ: Speeding and Running Digital Store
  • 価格: 156円(うち送料61円)※記事掲載時の価格です

これでキーボードを自作するためのキースイッチとキーキャップは準備できた。

キーボードはこうなった。

f:id:Imamura:20200815135342j:plain

利かなかったキーのキースイッチは単体だと導通したので、キーボードの基板上になにか問題があったのだな。すべてのキースイッチを再利用できてお得だった。

ベリリウムを使ったホットスワップにはこだわらなくていいかも

自作キーボードキットの中には、キースイッチの交換(ホットスワップ)に対応しているものがある。その場合「ソケット」をはんだ付ければキースイッチを交換できるようになる。ソケットは遊舎工房では10個150円とお財布にも優しい。

ソケット非対応のキットでも、キースイッチを基板に直接はんだ付けしなくてもよくなる方法がある。それが下のようなソケットである。これは「ベリリウム」とも呼ばれる。

キースイッチを基板にはんだ付けする手順のときに、これをキースイッチのピンにつける。基板にはこのソケットだけをはんだ付けすると、キースイッチを取り外し可能になる。ただしこれは遊舎工房で20個900円、または100個3,500円とお値段が張る。1つのキースイッチに2個のベリリウムが必要だからなおさらだ。

しかしキースイッチをはんだ付けしてあっても、はんだ吸い取り器とキースイッチリムーバーでわりときれいに取り外せることがわかった。キースイッチを交換しようとするとはんだごてが必要になって手間はかかるが、キースイッチはしょっちゅう交換するものでもない。お高いソケットを使わなくてもいいかもという気持ちになった。