自作キーボードキット「Attack25」ビルドログ

f:id:Imamura:20200815142807j:plain

だいぶ前に買った自作キーボードキット「Attack25」をようやく完成させた。

買ったときの記事
自作キーボードほどわかりやすい沼はない(https://ima.hatenablog.jp/entry/2019/01/09/233000

ビルドガイドと、「VIA」というキーマップを簡単に変更できるファームウェアの記事はこちら。

組み立て終わってみると、下のような順序で進めるのがいいような気がした。

  1. Pro Microのもげ対策
  2. ビルドガイド4.「Pro Microにファームウェアを書き込む」
  3. ビルドガイド3-2.「コンスルーの実装」
  4. ビルドガイド1.「RGB LEDの実装」
    • LEDのチェック(随時)
  5. ビルドガイド2.「ダイオードの実装」
  6. ビルドガイド7.「テスト」
  7. ビルドガイド6.「リセットスイッチの実装」
  8. ビルドガイド8.「スペーサーの取り付け」
  9. (ビルドガイド9.「スタビライザーの取り付け」)
  10. ビルドガイド10.「スイッチの実装」
  11. ビルドガイド11.「テスト」
  12. ビルドガイド12.「ボトムプレートの取り付け」

この手順で組み立てながら、追加情報を書いていきます。

部品の取り付けの完了イメージ

基板のどちら側に各種の部品を取り付ければいいかの参考にどうぞ。

2枚の基板を表向きにするとこう
f:id:Imamura:20200808104929j:plain
2枚の基板を裏向きにするとこう
f:id:Imamura:20200808105016j:plain

Pro Microのもげ対策

ダイソーの2液エポキシ接着剤を購入。

f:id:Imamura:20190323172037j:plain

コネクタ(レセプタクルという)を後ろから囲むように盛り付ける。接着剤がレセプタクルの内部に入り込まないように注意。

f:id:Imamura:20190323173352j:plain

f:id:Imamura:20190323175832j:plain

これが固まるとレセプタクルの「もげ」を防いでくれる。

その上でマグネット式のUSBケーブルを使う。Amazonではたとえばこれ。

買ったのはAliExpressにあったこれ。「Silver 1m for micro」というのがいま381円。

Attack25側はこうなる。

f:id:Imamura:20200808134530j:plain

USBポートに小さなコネクタを差し込んでおき、USBケーブルはそこに磁石でパチンとくっつく。強く引っ張ると外れるようになっている。MacのMagSafeみたいな感じ。

ファームウェアの書き込み(ビルドガイド4.「Pro Microにファームウェアを書き込む」)

Pro Microにファームウェアを入れれば、LEDのチェックなどができるようになる。

VIA対応のhexファイル(→ファイルへの直接リンク)が下のページの「ビルド環境を入れるのが面倒くさい人のためにhexを置いておきます」にある。

これをQMK Toolboxから書き込めばよい。

もしファームウェアを自分でビルドする環境を構築するなら、MSYS2をインストールする。

そこからは下のドキュメントに書かれている。

なのだけど自分の場合、Windows用とされているコマンドを入れてもエラーが出てしまった。

入れるコマンドはこれ。

pacman --needed --noconfirm --disable-download-timeout -S git mingw-w64-x86_64-toolchain mingw-w64-x86_64-python3-pip
python3 -m pip install qmk

エラーメッセージはこう。

$ python3 -m pip install qmk
bash: python3: コマンドが見つかりません

Pythonがインストールされていないみたい。解決までにいろいろ試したのでこれが正しいか確証がないが、たぶん以下のコマンドを入れてから上のコマンドを再度実行したらうまくいった気がする。

pacman -S mingw-w64-x86_64-python3
参考にした別のページ(こちらは情報が古いかも)
プログラマーではない人向けのQMK Firmware入門 - Qiita(https://qiita.com/cactusman/items/ac41993d1682c6d8a12e

さてではファームウェアをビルドしましょう、とやったら今度は別のエラーが出た。

$ make attack25:via:flash
Making attack25/attack25/rev1 with keymap via and target flash

tmk_core/protocol/lufa.mk:14: lib/lufa/LUFA/makefile: No such file or directory
make[1]: *** ターゲット 'lib/lufa/LUFA/makefile' を make するルールがありません.  中止.
Make finished with errors
make: *** [Makefile:584: attack25:via:flash] エラー 1

「qmk_firmware\lib\lufa」ディレクトリを見たら空っぽだった。なんで? 以下のページを参考に、そこにlufaを入れたらビルドが通るようになった。

lufaのダウンロード元は以下。

コンスルーのはんだ付け(ビルドガイド3-2.「コンスルーの実装」)

ここからははんだ付けをしていく。はんだの煙をなるべく吸わずにすむように、吸煙器を用意した。HAKKOの吸煙器はいまAmazonで8,244円。

フィルターとUSBファンを調達してお手軽な吸煙器を作る記事を読んだ。

これを参考に、120ミリのUSBファンとHAKKOのフィルタを調達した。

f:id:Imamura:20190323182448j:plain

ファンはGROOVYの「BIG-FAN120U for Men」を買った。メーカー名が違うけどこれがたぶん同じ商品だと思う。いまAmazonで859円。

TIMELY USBファン BIGFAN120U for Men

TIMELY USBファン BIGFAN120U for Men

  • メディア: Personal Computers

フィルターはHAKKOの5枚組を買った。いまAmazonで1,743円。

白光 フィルター 5枚セット A1001

白光 フィルター 5枚セット A1001

  • メディア: Tools & Hardware

フィルターを輪ゴムでUSBファンに取り付ければはんだ吸煙器になる。ちゃんとはんだの煙を吸ってくれた。

コンスルーはこの向きで基板に取り付ける。

f:id:Imamura:20200807162742j:plain

詳しくは以下。

小さい窓がPro Micro寄りになります。 また、実装時には二本ともに小さい窓が同じ方向を向くようにしてください。

https://camo.githubusercontent.com/54941730e4017e3270d58a7a310bb9256c529a28/68747470733a2f2f692e696d6775722e636f6d2f51736d4f5031582e6a7067

Helixベータ ビルドガイド

そこにPro Microを裏返しに置き、コンスルーをPro Microにはんだ付けする。(コンスルーは基板にははんだ付けしない

はんだ付け前。

f:id:Imamura:20200807162849j:plain

はんだ付け後。

f:id:Imamura:20200807163359j:plain

で、Pro Microはいったん基板から取り外す。

LEDのはんだ付け(ビルドガイド1.「RGB LEDの実装」)

※このキットは旧型の基板(rev.1b)で、現在はLEDをはんだ付けしやすい「TAB版」に改良されています。そのほかの変更点は「ATTACK25 True25新基板完成です | 25KEYS」と「ATTACK25 True25 TAB付LED対応版 | 25KEYS」をご覧ください

LEDをバックライトとして使うなら、LEDの発光面が基板上の「ATTACK25」のロゴ側に来るようにはんだ付けする。

f:id:Imamura:20200807151953j:plain

LEDは熱に弱く、はんだごての温度を220度~250度と低めにするように書いてある。はんだ付けに使ったはんだごて(gootのPX201)は一番低い温度設定が250度なのでLEDが大丈夫かどうか心配だった。C型のこて先(円柱を斜めにカットした形状)にはんだを溶かして、手早く広げるようにはんだ付けした。はんだ付けの前にはんだ付けするところにフラックスを塗っておくと、基板上の金属部分にだけはんだが乗るようになって時間をかけずにはんだ付けできる。はんだ付けが終わったら無水アルコールやフラックスリムーバーを綿棒につけてフラックスを除去する。

(いまAmazonで2個セットでない商品は「送料900円」だった。危ない)

LEDを点灯させてチェック

ファームウェア入りのPro Microを基板に取り付けてUSBにつなぐとLEDが全部点灯する(はず。自分はダイオードを取り付けたあとに点灯するか試した)。点灯しないLEDがあったらはんだ付けの不良がないかなどをチェックする。

f:id:Imamura:20200807203445j:plain

点灯の不良はなくてホッ。

以下は点灯しないLEDがある場合に参考になるかもしれないページ。

ダイオードのはんだ付け(ビルドガイド2.「ダイオードの実装」)

ダイオードの足を曲げてスルーホールに通し、余分な足をニッパーで切ってからはんだ付けした。はんだ付けしてから足を切ると、そのときの衝撃でのちのちはんだ付け部分にクラック(ひび)が入りやすいと聞いたことがある。

ダイオードの足の折り曲げには適当な厚みの本が便利。自分の蔵書の中ではブルボン小林の『ぐっとくる題名』がちょうどよかった。本の厚さは実測で9ミリ。

f:id:Imamura:20200807154245j:plain

ダイオードを基板に通したら裏返してマスキングテープで固定する。こうすれば足を切っても基板からポロリと落ちることはない。

f:id:Imamura:20200807160534j:plain

25個のダイオードを取り付け終わった様子。

f:id:Imamura:20200807162338j:plain

USBケーブルをつないでチェック(ビルドガイド7.「テスト」)

各キーがきちんと入力されるかどうか確認するには、VIAの「KEY TESTER」を使うのが便利。VIAはあとでキーマップの編集にも使うのでインストールしておくとよい。

VIAを起動したら[File]-[Import Keymap]でAttack25のjsonファイルを読み込む。Attack25のjsonファイルはファームウェアと同じ以下のページにある。

f:id:Imamura:20200816120242p:plain

「KEY TESTER」をクリックしたときフルキーボードが表示されたら、画面下の「Test Matrix」をオンにすると上のような25キーだけになる。

「KEY TESTER」では上のように、押されたキーの色が変わる。上の画像は0~9のキーを押したときの様子。KEY TESTERの状態でほかのアプリケーションに切り替えてもVIAのKEY TESTERは機能する。

Attack25のデフォルトのキーマップは以下。

f:id:Imamura:20200815233855p:plain

[ScrollLock][PrintScreen][Delete]はそれぞれ、レイヤー2~4の入力のためのキーを兼ねている。これらのキーを押しながらほかのキーを押すと、対応するレイヤーのキーが入力される。たとえば[ScrollLock]を押しながら[1]を押すと[F1]が入力されるといった具合。

リセットスイッチのはんだ付け(ビルドガイド6.「リセットスイッチの実装」)

リセットスイッチはどちら向きではんだ付けしてもよい。

ビルドガイド8.「スペーサーの取り付け」/(ビルドガイド9.「スタビライザーの取り付け」)

ここは特になし。

キースイッチのはんだ付け(ビルドガイド10.「スイッチの実装」)

ここで秘密兵器が登場する。プラモ材料の通販サイト「G PARTS」で売られている「ゴールドシンプルモールド(S)」。ジオン驚異のメカニズムである。

  • ゴールドシンプルモールド 20個入(各種) - G PARTS [ジーパーツ] * 模型工具・ツール・プラモデル改造パーツ・メタルパーツ・ガンプラ改造パーツ他模型材料専門通販ショップ~(https://shop-gparts.com/?pid=9838574

f:id:Imamura:20200808113502j:plain

これがベリリウムの代わりになるという話を読んで、お手軽にキースイッチを交換できるようにしたくて買ってみたのだった。

ひとつ前の記事「はんだ吸い取り器があれば自作キーボードのソケット化にはこだわらなくていいかも」ではベリリウムでのソケット化にあまり積極的でない書き方をしている。でも結局Attack25はソケット化した。上の記事ではんだ吸い取り器を使ってキースイッチを取り外してみたら案外大変でないしきれいに取れるとわかったが、ゴールドシンプルモールドを買ったのはそれよりだいぶ前だったので、せっかくだから使おうと思ったのだった。

それに「ゴールドシンプルモールド」はベリリウムよりだいぶお安くて、20個(キースイッチ10個分)で200円。普通のソケットが遊舎工房で10個150円だからそう変わらない。

一方で、Attack25に使おうと思っていたキースイッチがゴールドシンプルモールドに適合しないこともわかった。

Attack25用に買ったキースイッチはKailh Box Royalである。

このキースイッチのピンにゴールドシンプルモールドをつけたとき、中央に近いほうのピン(下の写真では手前側)がスカスカだなーとは思っていた。この状態でひっくり返すと、そちらのゴールドシンプルモールドだけピンから外れる程度のゆるさである。

f:id:Imamura:20200808105713j:plain

でもまあ大丈夫でしょうとやってみた。トッププレートにキースイッチをはめ込み、裏返してすべてのキースイッチのピンにゴールドシンプルモールドを差し込む。

f:id:Imamura:20200808112420j:plain

その上に基板をそっと置いて、すべてのピン(とゴールドシンプルモールド)が基板の穴から出ていることを確認する。(ここでキーを押してちゃんと入力されるかチェックしておけばよかった)

f:id:Imamura:20200808113317j:plain

ゴールドシンプルモールドの中にはんだが入らないよう注意しながらはんだ付けした。

f:id:Imamura:20200808122652j:plain

最終テスト(ビルドガイド11.「テスト」)

ところがです。これでキーボードとしては完成~とうきうきしながらUSBケーブルをつないでみると多くのキーが反応しない。導通が安定せず、1回だけ押したつもりでも連続して入力されてしまう(=チャタリングが起きる)キーもある。テスターで導通をチェックしながら、入力に不安があるキーを取り外していったらこうなった。

f:id:Imamura:20200815120028j:plain

全然だめじゃん! じゃあどうしよう。スカスカなほうのピンにちょっとだけはんだを盛る? あるいは、スカスカするほうのゴールドシンプルモールドだけ取り外して、そこはキースイッチを直接はんだ付けする?

とここで、別のキースイッチならどうだろうと思いついた。前の記事で取り外したCherry MXの黒軸がある。これに交換してみたところすべてのキーが安定して導通した。やったー。

ゴールドシンプルモールドはキースイッチを選ぶみたい

先ほどのツイートには続きがある。

同じKailhのキースイッチでもCreamSwitchは問題がないみたい。こちらで使おうとしたBox Royalとはピン部分のパーツが違うのだろうか。それからGateronのキースイッチはピンが太いのね。遊舎工房のMill-Max ソケットの商品説明でも「Gateron製スイッチは入りにくいことがありますのでご了承ください」と書かれている。

ボトムプレートを取り付ける(ビルドガイド12.「ボトムプレートの取り付け」)

ボトムプレートを取り付けてよく見ると、少したわんでいるようだ。(下の写真はキースイッチをCherry MXに交換する前のもの)

f:id:Imamura:20200815113556j:plain

Pro Microのピンがボトムプレートに当たっている。ビルドガイドの「3-2.コンスルーの実装」にこう書かれていた。

アクリルボトムプレートとProMicroからはみ出たコンスルーの足部分が干渉することがあります。この場合は、はみ出したコンスルーをニッパーなどでカットして対処してください。

Attack25 キット内容&ビルドガイド | 25KEYS

このあと付属のゴム足をつければ、ボトムプレートがたわんでいてもグラグラすることはない。ピンはカットしなかった。

これで完成だ! 当初予定していたキースイッチを使えなかったのは残念だが、モノが完成する喜びが上回った。

f:id:Imamura:20200815142807j:plain

キーキャップはおもにキースイッチと同じくMajestouchから。紺色のキーキャップはイベントでもらったもの、赤いキーキャップは遊舎工房で買ったDSAプロファイル。

ところでAttack25はおもにテンキーとして使うので電卓を内蔵させたい。OLEDの画面をつけて、ちょっとした計算をできるようにしたい。Pro MicroのI²Cピンが空いていて、OLEDをつなげられることはわかっている。そして計算結果をパソコンに入力できるとなおよい。しかしファームウェアをどうプログラミングするかはまったく知らないので、そこから勉強しないと。

この記事はAttack25で書きました…ということはなくて、おもにTK-FBP044(普通の市販のキーボード)を使い、Attack25は数字の入力などで補助的に、かつちょっとむりやり使いました。

次はTK-FBP044を置き換えるキーボードを作りたい。分割式にして中央にAttack25を置くつもり。

はんだ吸い取り器があれば自作キーボードのソケット化にはこだわらなくていいかも

自作キーボードの部品取りのために中古で手に入れた市販のキーボードがある。入力できないキーがいくつかあるため安かった。キースイッチとキーキャップを流用するつもり。

f:id:Imamura:20190109220316j:plain

キースイッチは基板にはんだ付けされている。はんだ吸い取り器を初めて使って、これを取り外した。はんだごてではんだを溶かし、はんだ吸い取り器でパコンと吸い取る。思った以上にきれいに取れた。吸い取り器を基板に対して垂直にするのがコツみたい。

f:id:Imamura:20200808171147j:plain

キースイッチ側も、きれいに取れればこんな感じ。(ピンにもう少しはんだが残っているものもある)

f:id:Imamura:20200813210635j:plain

はんだ吸い取り器はAmazonだと1000円以上する高級品もあるが、AliExpressの最安値は50円以下(「desoldering pump」で検索)。ダイソーで200円で売られていたこともあるようだ。

エンジニアのはんだ吸い取り器「SS-02」は2,155円!

HAKKO(白光)のはんだ吸い取り器は種類が多い。Amazonにある「20G」は1,483円。

AliExpressだとたとえばこれ。送料無料で48円!

はんだごてとはんだ吸い取り器が一体化した製品もある。サンハヤトの「はんだシュッ太郎NEO」はいまAmazonで4,973円。

高級品はgootの「TP-100」(いまAmazonで19,072円)とかHAKKO(白光)のFR-301(いまAmazonで21,502円)などがある。

白光 FR301-81 100V ゴム平形プラグ

白光 FR301-81 100V ゴム平形プラグ

  • メディア: Tools & Hardware

HAKKO(白光)にはFR-400という高級品もあった。いまAmazonで115,492円!

はんだごてとはんだ吸い取り器ではんだを吸い取っていて気がついた。一部のキースイッチはピンが折り曲げられている。ダイソースクレイパー(刃を収納できるタイプ)でピンを起こしてから取り外した。

f:id:Imamura:20200813204113j:plain

プレートにはめ込まれたキースイッチを引き抜くのは専用の工具を使った。いまAmazonで550円。

Amazonでは2つの店で同じ商品が同じ最安値で売られている。レビューが多い方は発送時期が明記されていなかったのでもう一方(↑)で買った。

これでキーボードを自作するためのキースイッチとキーキャップは準備できた。

キーボードはこうなった。

f:id:Imamura:20200815135342j:plain

利かなかったキーのキースイッチは単体だと導通したので、キーボードの基板上になにか問題があったのだな。すべてのキースイッチを再利用できてお得だった。

ベリリウムを使ったホットスワップにはこだわらなくていいかも

自作キーボードキットの中には、キースイッチの交換(ホットスワップ)に対応しているものがある。その場合「ソケット」をはんだ付ければキースイッチを交換できるようになる。ソケットは遊舎工房では10個150円とお財布にも優しい。

ソケット非対応のキットでも、キースイッチを基板に直接はんだ付けしなくてもよくなる方法がある。それが下のようなソケットである。これは「ベリリウム」とも呼ばれる。

キースイッチを基板にはんだ付けする手順のときに、これをキースイッチのピンにつける。基板にはこのソケットだけをはんだ付けすると、キースイッチを取り外し可能になる。ただしこれは遊舎工房で20個900円、または100個3,500円とお値段が張る。1つのキースイッチに2個のベリリウムが必要だからなおさらだ。

しかしキースイッチをはんだ付けしてあっても、はんだ吸い取り器とキースイッチリムーバーでわりときれいに取り外せることがわかった。キースイッチを交換しようとするとはんだごてが必要になって手間はかかるが、キースイッチはしょっちゅう交換するものでもない。お高いソケットを使わなくてもいいかもという気持ちになった。

勝手な正誤表をいろいろ追加

はてなグループ「勝手に正誤表!」(g:errata※現在はサービス終了)にまとめてあった、勝手に作った正誤表をこのブログに転記した。「勝手に正誤表!」のはてなグループは2006年に始めたから、約14年間ほそぼそとやってきたことになる。その間に勝手に作った正誤表は全部で約30冊分。読んだ本はもっと多いし誤字を見つけた本もたくさんあるけれど、正誤表を勝手にまとめたくなる本はこのくらいだった。

今回転記した/転記済みの勝手な正誤表
新しく登録した勝手な正誤表

勝手に正誤表を作る理由については以下の記事で書いている。

間違いをまとめるというのは、直感的にはあまりいい趣味ではない。自分でも、作った本のミスを指摘されるとやっぱり一瞬ムッとなってしまう。でもいい(と思って作った)本をもっとよくするチャンスだし、わざわざ指摘してくれてありがとうと思うようにしている。

先日、こんな記事を読んだ。

ここで紹介されているのが、アメリカのソフトウェア開発における「コントリビュート(貢献)」文化である。

アプリがリリースして、それがよりよくなってほしかったら「自分がどう貢献できるか?」を考えて、それを実行します。具体的には、問題のある部分のソースコードを修正して、送ってあげたり、そこまでしなくても、「こういう場面でこういう問題が起こりました」というのを定型のフォームにしたがって報告してあげたりします。

批判の文化が日本を技術後進国にしているかもしれないという話 - メソッド屋のブログ

よかった本に対するコントリビュートとして、今後も勝手に正誤表を作っていこうと思う。

関連記事

「間違いのない本はない」という話を以前書いた。

スマートフォン用のスタイルシートを変更

これが
f:id:Imamura:20200723223623p:plain:h600
こうなった
f:id:Imamura:20200723223632p:plain:h600

パソコン向けの表示と同じように、画像に枠線がつくようにした。はやぶさ2などの記事で配布資料の画像に枠がついて見やすくなったのではないだろうか。

スマートフォン向けに追加したCSSは以下。

img.hatena-fotolife {
    border: solid 1px #ccc;
}

もしPNG画像にだけ枠線をつけたいなら、「img.hatena-fotolife {」の行を以下のように書く。

img.hatena-fotolife[src$=".png"] {

パソコン向けの表示とスマートフォン向けの表示で別々のスタイルシートを管理するのは効率が悪い。しかし今ベースとして使っているテーマ(Aero)はレスポンシブに非対応なので、レスポンシブ設定にするとスマートフォンでもパソコン向けの表示がそのまま出てしまう。

最近登録されたテーマはたいていレスポンシブに対応していて、スマートフォンで見たときはスマートフォン向けのスタイルシートが使われる。現在のはてなブログのデフォルトテーマは「Smooth」で、これもレスポンシブ対応なのでここからがんばってカスタマイズして今の見た目に近づけたいとは思っている。でもブログのスタイルシートいじりはとても大変なのでなかなか手をつける気にならない。

はてなブログのデフォルトテーマが今の「Smooth」に変更されたときの告知
記事が読みやすい公式デザインテーマ「Smooth」を追加しました - はてなブログ開発ブログ(https://staff.hatenablog.com/entry/2019/01/23/164500

あとレスポンシブに設定すると、スマートフォンのトップページはタイトル一覧を表示(一覧形式)、パソコン向けのトップページは最近のエントリを表示(全文形式)というふうにできない気がする。そこもレスポンシブ対応をためらう一因なのだった。

小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会(地球帰還後の拡張ミッション案)

日時

  • 2020年7月22日(水)14:00~15:00

前回の記者説明会

登壇者


JAXA 宇宙科学研究所はやぶさ2プロジェクトチーム

(左から津田氏、吉川氏、三枡氏)

中継録画

関連リンク

本日の内容

(吉川氏から)

f:id:Imamura:20200722140622p:plain

目次

f:id:Imamura:20200722140626p:plain

続きを読む

Switchコントローラのドリフト問題に接点復活スプレーが劇的な効果

f:id:Imamura:20200715132305j:plain

Nintendo Switchで遊んでいて、少し前から左スティックの具合が悪くなっていた。スティックから指を離すと上へ入力されてしまう。「どうぶつの森」で下を向いて岩を叩いている時、クルリと上を向いてしまったりしてストレスだ。

本体の設定からスティックのキャリブレーションはできる。しかし何度調整してもドリフトは直らない。調べてみたらこれはSwitchでとてもよく起きる不具合だそうで、アメリカでは訴訟まで起きているそうだ。

Switchは保証期間内なので、任天堂に無償で修理を頼むことはできる。しかしその間はSwitchで遊べない。自分でできることはないかとさらに調べて、接点復活スプレーの情報に行き着いた。なんでもスティックの根元あたりに接点復活スプレーを吹くだけでドリフトしなくなるという。上の記事にも接点復活スプレーで復活したというブコメがついている。よし買おう。

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

KURE 接点復活スプレー #1424 220ml

  • メディア: Tools & Hardware

記事執筆時点でAmazonは「出品者から購入できます」で定価の数倍がつけられている。みんなSwitchの修理用に買っているんだな!

ヨドバシだと以下。

こちらは定価から割引されていて今388円で買える。ヨドバシだから送料無料。しかも発送が早い。注文して次の日にもう届いた。

付属のストローをつけて、スティックの根元あたりにちょっとだけ、2度ほど噴射してみた。「シュー」ではなくシュ、シュという程度。液がスティックの付け根からしみ込んでいく。スティックの周囲に漏れたぶんはティッシュで拭き取った。

そしてこれだけで本当にドリフトしなくなったのだった。すごいよ接点復活スプレー。そして任天堂は早くこの問題を解決してください。

コンタクトスプレーの方がいいのかも?

同じ呉工業の製品で「コンタクトスプレー」というのもある。「接触不良の接点を回復させ、腐食を防止する接点復活スプレー」だそうだ。

「ゴムやプラスチックにかかっても安心です。」という説明は接点復活スプレーには書かれていない。Switchのコントローラはプラスチック製である。とするとSwitchのスティックには接点復活スプレーよりコンタクトスプレーの方がいいのかもしれない。

(そもそも接点復活スプレーのラベルにも「CONTACT SPRAY」と書いてあった)

小惑星探査機「はやぶさ2」記者説明会(地球帰還)

日時

  • 2020年7月14日(火)13:30~14:30

前回の記者説明会

登壇者

はやぶさ2」プロジェクトチーム

f:id:Imamura:20200714145510j:plain

(左から津田氏、中澤氏、吉川氏)

中継録画

関連リンク

カプセル帰還日の公表について

本日の内容

f:id:Imamura:20200714230217p:plain

目次

f:id:Imamura:20200714230222p:plain

続きを読む