小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(タッチダウン運用直前の状況)

(編集中)

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会のライブ中継(19/2/20) | ファン!ファン!JAXA!

小惑星探査機「はやぶさ2」は、現在、リュウグウの中心から約20km上空のホームポジションの位置にいて、タッチダウンの準備を行っています。

今回の説明会では、タッチダウンの運用開始直前の「はやぶさ2」の状況、タッチダウンスケジュールについて説明を行う予定です。
この記者説明会の様子をライブ中継(配信)いたします。

小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会のライブ中継(19/2/20) | ファン!ファン!JAXA!

日時

  • 2019年2月20日(水)15:00~17:00

登壇者

(image credit:JAXA

(左から久保田氏、吉川氏)

中継録画

配付資料

f:id:Imamura:20190220152947p:plain

本日の内容


f:id:Imamura:20190220152948p:plain

(吉川氏より)本日の資料は前回(2月6日)の記者説明会とかなり重複している。その部分は省略し、質疑応答に時間をかけたい。

2月6日の記者説明会
小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(タッチダウン運用計画) - ただいま村(http://ima.hatenablog.jp/entry/2019/02/06/150000

目次

f:id:Imamura:20190220152949p:plain

はやぶさ2」概要

f:id:Imamura:20190220152950p:plain

ミッションの流れ概要

f:id:Imamura:20190220152951p:plain

1.プロジェクトの現状と全体スケジュール

f:id:Imamura:20190220152952p:plain

本格的な運用は明日から。

2.タッチダウン運用計画

概要

f:id:Imamura:20190220152953p:plain

これは新しい図に更新した。

ターゲットマーカ周辺の領域

f:id:Imamura:20190220152954p:plain

これは前回示した図。

L08-E1領域

f:id:Imamura:20190220152955p:plain

f:id:Imamura:20190220152956p:plain

(全体のシーケンス)

f:id:Imamura:20190220152957p:plain

時刻が少し変更になっている。タッチダウンは機上時刻が午前8時6分、その信号が地上に届くのが8時25分になった。とはいえこの時刻は前後30分くらいずれることがある。

タッチダウン運用のシーケンス(低高度)

f:id:Imamura:20190220152958p:plain

少し修正した。(今村註:具体的にはわからず)

タッチダウン直前の探査機の動き(10倍速動画)

f:id:Imamura:20190220152959p:plain

タッチダウン直前の探査機の動き(1倍速動画)

f:id:Imamura:20190220153000p:plain

タッチダウン運用のポイント

f:id:Imamura:20190220153001p:plain

ここは前回と同じ。

はやぶさ2のピンポイントタッチダウン機能

f:id:Imamura:20190220153002p:plain

前回と同じ。

高精度着陸実現のために実施した施策

f:id:Imamura:20190220153003p:plain

前回と同じ。

運用途中での判断ポイントと情報発信

f:id:Imamura:20190220153004p:plain

最新の予想時刻にアップデートした。

タッチダウン運用の考え方

f:id:Imamura:20190220153005p:plain

前回と同じ。

3.タッチダウンのサイエンス意義

f:id:Imamura:20190220153006p:plain

前回と同じ。

異なるスケールでのサイエンス

f:id:Imamura:20190220153007p:plain

前回と同じ。

f:id:Imamura:20190220153008p:plain

前回と同じ。

4.BOX-B運用での画像

f:id:Imamura:20190220153009p:plain

衝方向からの観測(初公開)

f:id:Imamura:20190220153010p:plain

「衝方向からの観測」は太陽を真後ろにして撮影した写真。影ができない位置関係のため、のっぺりしている。ターゲットマーカだけが光って見える。

北極付近の観測(初公開)

f:id:Imamura:20190220153011p:plain

5.今後の予定

f:id:Imamura:20190220153012p:plain

参考資料

f:id:Imamura:20190220153013p:plain

小天体探査戦略

f:id:Imamura:20190220153014p:plain

はやぶさ2」のサイエンス:太陽系の誕生と進化

f:id:Imamura:20190220153015p:plain

①惑星を作った物質を調べる

f:id:Imamura:20190220153016p:plain

有機物の解明

f:id:Imamura:20190220153017p:plain

②惑星への成長過程を調べる

f:id:Imamura:20190220153018p:plain

追加の資料

前回「タッチダウンの難しさをたとえると」と聞かれた津田雄一プロマネが作った図。

前回は20キロメートル上空から甲子園球場のどこか(100メートル四方)に着陸すればよかったが、今回のタッチダウン甲子園球場のマウンド(直径6メートルの領域)に着陸しなければならない。

加えて、この制御を3.4億キロメートルの距離、電波が届くまで19分かかる環境のもとで行うということ。

質疑応答

産経新聞くさか:どうなればタッチダウンが成功したといえるのか。たとえばL08-E1以外の場所に着陸した場合でも成功となるのか

久保田:成功の基準は2つ。①小惑星の表面に着陸して上昇しホームポジションに戻ること。②すべてのシーケンスが実行されること。
着地点がずれていても、これらを達成していれば成功とする。
弾丸が実際に発射されたかはすぐにはわからない。

(編集中)