『3D Printing Handbook』見本出来

f:id:Imamura:20140424153618j:plain

3D Printing Handbook ―自己表現のための新しいツールを使う・考える (Make: Japan Books)

3D Printing Handbook ―自己表現のための新しいツールを使う・考える (Make: Japan Books)

「デジタルとフィジカルを結んで自己表現を行うためのツールとして3Dプリンターを考える本」というふれこみの本が明日発売されます。著者は平本知樹さん(@tototomoki)と神田沙織さん(@mousse_ides)です。

クラウドファンディングで資金調達し去年自費出版された『僕らの未来を変えるマシン「3Dプリンタ」知る編/使う編』という本があります。

本書はこれをもとに大幅にパワーアップして作られました。

今回この本の編集をお手伝いしました。おもに担当したのは3章「3Dプリンタのためのデータ」と4章「3Dデータをプリントする」です。

3Dプリンタを使うには3Dデータが必要で、これはプリンタを使うのに画像データが必要なのと同じです。3章では自分で3Dデータを用意する作例としてiPhoneケースを作っています。123D Designの使い方をひと通り理解できるよう、いろいろ工夫しました。ぜひご覧ください。