「コードギアス 反逆のルルーシュ」をもう一度見る

第1話から7話が11月30日まで、以下数話ごとに期間限定で順次配信される。

「R2」の放送が終わった2008年以来、久しぶりに見てみた。画面の縦横比が16:9ではなく4:3であるところがちょっと意外。面白いので未見の方はぜひ。特に「R2」はほかにないスピード感で、物語の圧縮率が高い。本放送時「あと2話も残っているから何が起きても不思議じゃない」と思ったのがなつかしい。

特殊な力を得た主人公が世界を変える願望を果たそうと知略をめぐらせる枠組みは『デスノート』に似ている。超大国の皇帝への復讐物語というシリアスな題材と学園ラブコメが同居しているのが実にすごいと思う。サンライズ制作のロボットアニメなのに、画面からメカ愛がまるで感じられないのも面白い。

ところで6話で「このブリキ野郎!」というセリフがあって「翠星のガルガンティア」を思い出した。「ガルガンティア」の監督の木村和也は「コードギアス」では副監督であるから偶然ではないのかも。

(11月18日記)