Google eBook:それってこれだけ?

多くの希望と夢はGoogle Editionsというヴェイパーウェアに託された。それは有史以降出版されたすべての単語のインデックスを作り、個人の蔵書を検索し、奥深く個々の章や節や段落にリンクするはずだった。それは、なんとかして独力で書店業界を復興させるはずだった。ようやく霧が晴れた時、そこに見えたのはただのKindleライトだった。

Google eBook:それってこれだけ?