日本語冗長化の歯止めがなくなるのか!? : アゴラ - ライブドアブログ

レイアウトから掲載文字数が決まる(「先割り」という)雑誌と違って、電子媒体では記事の長さに物理的な制限がなくなる。ざっと書いた記事はたいてい冗長なので、そこから推敲を重ねていくものだけれど、それがあまりなくなることが心配という話。

原稿を書くのはパソコンでやっていても、校正はプリントアウトしたものでないとしっかり読み込めないという実感はある。電子媒体だからといって気を抜いてはいけないのだけれど、時間や予算の制限があるとそれもなかなか難しいものだ。