文科省、電子書籍関連の法整備など目指す懇談会を設置:ニュース

「『電子書籍の流通と利用の円滑化に関する検討会議』を設置し、2010年12月2日に第1回の会合を開催した」「同懇談会は、2010年3〜6月に開催された、経済産業省総務省文科省合同の『デジタル・ネットワーク社会における出版物の利活用の推進に関する懇談会』(3省懇談会)で今後の検討課題とされた内容のうち、文科省所管の項目について具体的に検討する」。具体的には図書館のあり方、権利処理の問題などを議論。「12月だけで会合を3回開く予定としており、急ピッチで検討を進めていく」。

「懇談会の構成員は15人で、文学・漫画・写真などの作家、図書館業界と出版業界の各関係者、法学者をはじめとする学識経験者などで構成される」。座長には早稲田大学法学部の渋谷達紀教授が選任された由。