【PC Watch】 シャープ、電子書籍端末「GALAPAGOS」を12月10日に発売 〜実機を写真と動画で紹介

ついに発売が決まりました「GALAPAGOS」。Linuxベースの独自OSというのはNetWalkerを作ったシャープらしいといえるかも。5.5インチ液晶のモバイルモデル(39800円)と10.8インチ液晶のホームモデル(59800円)。うーん、これはどうなんだ。iPadと比べれば安いのか。でもアプリのバラエティがぜんぜん違う。

「2011年春を目処に、映像や音楽ゲームなどの配信サービスを予定。XMDF以外の書籍フォーマットにも対応する」。

モバイルモデルホームモデルiPadGALAXY Tab
画面5.5インチ10.8インチ9.7インチ7インチ
解像度600×1024ピクセル768×1366ピクセル768×1024ピクセル600×1024ピクセル
大きさ92×167×12.9mm約177×286×14.7mm189.7×242.8×13.4mm約121×191×12.1mm
重さ約220g約765g680g/730g約382g

配信サービスの「TSUTAYA GALAPAGOS」は端末の発売日である12月10日に同時オープン。定期購読機能も最初からあるのね。

こちらにはOSが「Androidだけれどインストールできるのはシャープが用意したアプリのみ」とある。「辞書は『明鏡国語辞典MX』『ジーニアス英和MX』『ジーニアス和英MX』をプリセットしている」というのはいいね。専用のPCソフト「GALAPAGOS Station」がiTunes代わりになって、Office文書をXMDF変換できるとのこと。Mac版はないのかな。なさそう。そこはSony Readerと同じか。

公式サイトに情報があった。そしてMacは対応してなかった。

これは面白い。12月3日の予約開始に合わせて量販店に端末は並ぶものの買うことはできない。お店にある購入申込書を郵送したり、ネットから買ったりするとのこと。そこから見えるシャープの意図について。シャープの人は「シャープとお客様がより密接な関係を構築し、シャープ側からもさまざまな情報を発信し、利用を支援し、活用面での利点を提供していきたい」からと。

配信コンテンツの紹介。日経新聞の電子版(月額4000円)、週刊ダイヤモンド(400円〜500円)といった定期購読も可能。

GALAPAGOS発売日である12月10日に、平野氏の新作『かたちだけの愛』(中央公論新社)が書籍(1,785円)、電子書籍版(1,470円)同時に発売される」。