「小惑星探査機『はやぶさ』帰還カプセル展示協力団体公募の選考結果について(2011年3月末までの開催分)」

JAXAが9月1日から30日まで募集した、「『はやぶさ』帰還カプセル展示協力団体公募」について、2010年度末までの選定が終わったというリリースが届いた。

一覧を知らせるページがJAXA内に作られないようなので、リリースを以下に転記。

なお「2011年4月以降2012年3月までの開催候補に関しては応募団体多数であったため、引き続き選考作業を実施中」「候補が整い次第、改めてお知らせします」とのこと。また「来年度の選考においては、今回の公募展示が行われていない地域を重点的に展開できるよう考慮」する由。全期間の応募総数は119件。

土日を挟んだ展示期間※ 展示協力団体候補 所在地
2010年11月20日・21日 大和ミュージアム 広島県呉市
2010年11月27日・28日 佐賀県立宇宙科学館 佐賀県武雄市
2010年12月11日・12日 鹿児島市教育委員会 鹿児島県鹿児島市
2010年12月18日・19日 浜松市文化振興財団 静岡県浜松市
2010年12月25日・26日 四日市市立博物館 三重県四日市市
2011年1月8日・9日 福井県教育委員会 福井県福井市
2011年1月15日・16日 株式会社島精機製作所 和歌山県和歌山市
2011年1月22日・23日 あすたむらんど徳島 徳島県板野郡
2011年1月29日・30日 神戸市立青少年科学館 兵庫県神戸市
2011年2月5日・6日 京都大学総合博物館 京都府京都市
2011年2月12日・13日 札幌市生涯学習振興財団 北海道札幌市
2011年2月19日・20日 釧路市こども遊学館 北海道釧路市
2011年2月26日・27日 大樹町 北海道広尾郡
2011年3月12日・13日 甲府市教育委員会 山梨県甲府市
2011年3月19日・20日 富岡市 群馬県富岡市
2011年3月26日・27日 財団法人藤沢市まちづくり協会 神奈川県藤沢市

※展示協力団体候補の詳細な展示期間については、週末の“○○(土)○○(日)”を挟む5日以内として、前後の展示場所との間での輸送手段・時間、搬出入時刻、個別事由他を踏まえ、候補団体公表後にそれぞれの団体と調整予定。

見てわかるように、これは「この期間この団体にカプセル類を預けます」というもので、具体的にどこで展示するかはこれから調整するということのようだ。

募集要項

なにが貸与されるかはここに。

  1. インスツルメントモジュール(※宇宙から帰還した実物)
  2. 搭載電子機器部(※宇宙から帰還した実物)
  3. パラシュート(※宇宙から帰還した実物)
  4. エンジニアリングモデル
  5. ヒートシールド(前面・背面)のオーストラリアでの発見時の写真パネル

ヒートシールド(前面・背面)は、研究解析に資する必要があるため、貸与対象外とさせていただきます。

JAXA|小惑星探査機「はやぶさ」カプセル等の展示協力機関の公募について

追記:「都道府県別応募状況」

リリースには、各都道府県の応募数も出ていた。「うちの地元には来ない、応募したところがなかった?」などを知るのにどうぞ。

北海道4/青森県4/岩手県2/秋田県4/宮城県1/山形県2/福島県2/茨城県2/栃木県1/群馬県3/千葉県5/埼玉県7/東京都8/神奈川県5/新潟県2/長野県5/富山県3/石川県1/福井県1/山梨県2/静岡県3/愛知県7/岐阜県1/三重県3/滋賀県0/京都府5/兵庫県5/大阪府2/奈良県1/和歌山県3/鳥取県0/岡山県1/島根県3/広島県2/山口県3/香川県1/愛媛県2/徳島県2/高知県0/福岡県3/佐賀県1/長崎県1/熊本県3/大分県1/宮崎県0/鹿児島県2/沖縄県0

最多は東京都の8件、次いで埼玉県、愛知県が7件。しかしいずれも、来年3月までの公開はなし。