著者は出版社に権利を渡すべきではない、は本当か - mohnoの日記

西田宗千佳の「電子出版に関する誤解」を読み解く。版元が著者に代わって編集、デザイン、校正、宣伝、出た本の権利処理などをやってくれる上に、新人への投資もしてくれるのだから、そこはもちつもたれつじゃないでしょうか、といったような話。