「スキャン代行サービス」大研究:スキャン代行サービスの現状と内容比較 (1/3) - ITmedia +D PC USER

こういう記事はITmediaらしい気がする。先行者の「BOOKSCAN」(http://www.bookscan.co.jp/)を基準に他社と比較。その「他社」はA社、B社…となっていて実名が出ていないのが面白い。なんでそうなったのかな。

ともあれ、比較してみるとどこもだいたい同じ感じ。そのほか見出しを拾ってみると以下の通り。

  • 「付属物は原則としてスキャン対象外 カバーについては対応が分かれる」
  • 「雑誌や辞書、写真集などは多くの業者で対象外」
  • 「カラーモードは『自動』がほとんど。フォーマットはPDF」
  • 「回転や傾き補正の設定内容ほとんどの業者が非公開」
  • 「ページ数は上限を設ける業者と制限なし業者に二極分化」
  • 「裁断の幅はおよそ1センチ 裁断済み書籍の返却は多くの業者が対応」
  • 「『ファイル名変更』『OCR処理』はオプション データ受け渡し方法は千差万別」
  • 「次回は実際に発注してサービス内容や仕上がりを比較」

ということで続きがあるもよう。法的な問題も採り上げる予定のようだ。