大腸内視鏡検査始末

人間ドックで「便に潜血がありますので大きい病院で検査してください」と言われ、大腸の内視鏡検査に行ってきた。

前日は昼と夜が専用検査食。今日は2リットルの下剤を朝から2時間かけて飲み、腸内がすっかりきれいになるまで何度もトイレに行って、やっと午後から検査となった。

腸内にはすぐわかる「うそっ、私の年収、低すぎ…?」みたいなの(どんなだ)は見つからず。よかった。

検査で多めに出血したり腸に穴が空いたり(大腸穿孔)することがあって、そうなると緊急手術で入院となる。念のため1日分の着替えを持っていったりしたのが面倒ではあった。

組織を取った検査結果は2週間後。

一緒に検査を受けた中に、異常な便秘でという人がいた。下剤を2リットル飲んでも気配なしで、結局どうなったのかはわからず。しかしそもそも、出ないから診てほしい、という人に対してでは検査をしましょう、ついてはいったん全部出してください、というのはなんだか本末転倒だなあと思った。