「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディング

初期の曲は「ハレ晴レユカイ」という。軽快で耳に残る作品である。


この歌詞の中に「笑いながらハミング」というくだりがあって、でも一度「歌いながらハミング」と覚えてしまい、ある日いや、歌いながらハミングは無理だろうと気づいて「笑いながらハミング」に記憶を矯正しようとするものの、最初に頭に入れてしまった言葉はなかなか変えられないことであるなあ。

という日記を書けば、「笑いながら」だっけそれとも「歌いながら」だっけ最初に頭から出てきたのの逆だから「笑いながら」の逆だから「歌いながら」かなでも「歌いながら」は間違いのような気がする「歌いながらハミング」は物理的に不可能じゃないわー♪じゃあなくて物理的に不可能じゃないわー♪なのは「歌いながらハミング」のほうだからっていや違うから「歌いながらハミング」のほうだから正しいのは「笑いながらハミング」だな! とうんうん逡巡せずにすむようになるかもしれない。この調子では無理かもしれない。

さっきGoogleで「歌いながらハミング」を検索すると「もしかして:笑いながらハミング」と出ました。先生さすがです。