日本人はまだまだバナナが大好き

f:id:manpukuya:20081015165253j:plain

バナナダイエット」なるダイエット法がテレビで紹介されたとかで、スーパーの店頭からバナナがすっかりなくなっている。

この状態になってからもう2〜3週間はたつような気がするが、それでもまだ写真のようなありさまだ。

納豆のダイエット効果がテレビで紹介されたときは、こんなに長く品薄だったろうか。バナナは栽培するもの、納豆は製造するものだから、突発的な需要への対応しやすさは違ってくるのかもしれない。

こういう「ダイエット市場」ってすごいなあと思う。

これまでの無数のダイエット法で、やせられなかった人たちがたくさんいる。だから、新しいダイエット法がテレビで紹介されれば、そういう人たちがすぐに飛びつくのだ。

でもダイエットに失敗する→別のダイエット法を知ってやってみる→最初に戻る、の無限ループ。このループから抜けられる人が少ないほど、ダイエットの市場はいつまでもにぎわい続ける。

特定のダイエット法のブームがどのくらい続くのか、また効果的な露出のしかたなどは、ダイエットのマーケティングをしている人ならいろいろ研究しているのだろう。そしてその中では、ダイエットしたいけどできていない人が減っていく状況なんて、まったく考慮されていないに違いない。

ああ日本のどこかに、ある程度ブームになったダイエット法をなるべく多く記録している人がいる〜、といいなあ。

世界のどこかでもいいです。