「ぼくのなつやすみ」のちょっと(すごく)いい話

【元記事:「ぼくのなつやすみ」のちょっと(すごく)いい話:d:id:manpukuya:20060516:boku

ゲームはたまに遊ぶくらい、という人とゲームの話をしていて、「ぼくのなつやすみ」の話を聞いた。

このゲームは、1975年の田舎を舞台に、都会育ちの小学生の主人公が夏休みを満喫するというもの。青い空、白い雲、ひまわり畑に虫取り、魚釣り。

ところがその人は、「ぼくのなつやすみ」を楽しく遊び、終わり近くまで進めていたにもかかわらず、最後まで遊ばず途中でやめてしまったという。いったいどうして?

「ゲームが終盤にかかると、子供の頃の8月下旬の、もうすぐ夏休みが終わる寂しさがよみがえってきた。ああ楽しかった夏休みが終わっちゃうと思うと、ゲームを終わらせることができなかった」

プレイヤーの感情をここまで揺さぶるなんて、すごいゲームだ。遊んでないのに感動した。終わらせるばかりがゲームじゃない。

この話、「ぼくのなつやすみ」のスタッフに知らせてください。

PS2版「ぼくのなつやすみ2〜海の冒険篇」

PSP版「ぼくのなつやすみポータブル〜ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!!」

ぼくのなつやすみ ポータブル - PSP

ぼくのなつやすみ ポータブル - PSP

以下追記

トラックバックをいただきました。

ぼくのなつやすみ」のグラフィックを担当した人とは知り合いなので、機会があったら伝えときますね。

味噌電樂(みそでんがく) - ヤシガニは眠らない - 終わらない夏

おお、ありがとうございます。なんでも書いてみるもんです。

追記2

PS版には夏休みが終わらないバグがあったという話。