“章”ごとに販売、自分だけの書籍も--インプレスR&D、電子出版サービス開始 - CNET Japan

インプレスR&Dがライブラネオと提携して。「libura PROは、企業で必要とされる専門情報をPDFファイルと書籍の両方の形態でオンラインで購入できるサービス」。別々の本の「章同士を組み合わせて並び換えるなどのカスタマイズも可能」「libura PROでカスタマイズされた書籍は、大日本印刷のプリントオンデマンド(POD)を活用して、実際の紙に印刷、製本して読者の手元に納品される。オンデマンド製本代金は、200ページで4000円、800ページで1万円」。

山と溪谷社がApp Storeで電子書店アプリ「Yamakei Store」を提供開始 - ITmedia eBook USER

App Store内で山と溪谷社ポータルサイト的な役割を果たすアプリ」「現在販売中のタイトルは『自転車人 2010秋号 No.021』(115円/電子版のために再編集されたスペシャル版)で、特典としてオリジナルミニ写真集が付属」。

今日のツイート

雑誌オンライン.COM、スマートフォン向けに写真週刊誌「FLASH」電子版を提供開始 - ITmedia eBook USER

230円。「雑誌オンライン.COMでは、ウェイズジャパンが自社開発したマルチデバイス対応総合デジタルパブリッシングソフトウェア「HYPERZOOM」を使用し、出版社の管理下での販売を販売手数料のみという成果報酬型の料金体系で提供している」。

ロケットまつり42:川口淳一郎教授

f:id:Imamura:20101128181907j:plain

日曜日の「ロケットまつり」はゲストとして、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャーである川口淳一郎先生をお招きした。

しかし単純にはやぶさの話をとはならないのがロケットまつり。川口先生のルーツをたどり、どんな来歴があってどうやってMUSES-Cはやぶさ)計画が立ち上がってきたかという流れになった。

印象に残った話。(記憶で書いているので間違っているかもしれません)

  • 宇宙探査計画は常にNASAが後ろから狙っている状況で、ちょっとよさそうなのがあるとすぐNASAがさらっていってしまう。はやぶさはアクロバットな計画で、NASAは「ありゃ失敗するだろうから放っておこう」になった。
  • 1995年のM-3S-IIロケット8号機の打ち上げ失敗と、2002年のDASH(大気圏再突入実験機→wikipediaへ)の失敗のときは非常に苦しかった。しかし一方で、どこまでやれば失敗しないかという大きな経験を積むことができた。
  • 日本の宇宙通信技術は海外より50年は遅れている。臼田のアンテナをNASAに貸すことになってNASAの人が来たら、設備があんまりにあんまりだったので彼らは自分たちの設備を持ち込んでいた(今村註:これは屈辱的だ!)。それくらい遅れている。しかし深宇宙探査計画をいくつも走らせているNASAと違って、日本は10年に一度しか宇宙探査の機会がなく、技術習得が進まない。
  • いつかは木星圏のトロヤ群小惑星を目指さなければならない。太陽系の始まりを記録している「冷蔵庫」で、そこにタンパク質があるかもしれない。太陽が遠く、地球近傍で使う25倍の面積の太陽電池が必要。そこで薄膜の太陽電池を使う。遠方でも電力を得てイオンエンジンを動かし、同時に大きな膜をソーラーセイルとして使う一挙両得。はやぶさイカロスはそこへつながる計画。

うーむ、川口先生さすがだ。ぶれがないというか。そしてJAXAが今後どんな宇宙計画を進めていくべきかも示していた。

今のJAXAの宇宙計画はどうも定見を欠くというか、ビジョンがなかなか感じられない。有人もやるのかどうなのか。加えてNASAの存在がある。JAXAはこれやろう、だけではだめで、常にNASAという強大なライバルを出し抜いて成果を上げなければならない。

となれば、積極的にリスクを取っていかなければならない。失敗することもあるだろうけれど、そこで普通の計画をやっていてはNASAが持って行ってしまう。JAXANASAがあきらめるくらい野心的、挑戦的なミッションを続けていかなければならない。それでこその科学技術立国なのではないか。

小惑星探査もぜひ続けてほしい。小惑星は、ひとつ行ったらなにもかもわかるものではない。イトカワはS型小惑星(石質)で、ほかにC型(炭素質)、M型(金属質)などさまざまな種類の小惑星がある。X線天文学や赤外線天文学、太陽観測など従来続けてきた宇宙探査計画もおろそかにはできないけれど、そこにぜひ小惑星探査も加えてシリーズ化してほしいと思う。

f:id:Imamura:20101128182144j:plain

はやぶさケーキ。イトカワのサンプル回収確定と、浅利義遠さんの誕生日を記念して橋本のケーキ屋さんで作ってもらった由。

電子書籍を地域産業に、北海道岩見沢市の第3セクター拠点に制作ライン構築 -INTERNET Watch

「株式会社暁印刷と豊国印刷株式会社は30日、電子書籍制作業務で北海道岩見沢市と協業することで合意」「株式会社はまなすインフォメーションの電子文書入力センターを拠点として、『e-Book Digital Factory』の電子書籍制作ラインを構築」「(『e-Book Digital Factory』には)株式会社hon.jpや株式会社ポルタルトも参加」。これに「フロックデバイス株式会社や株式会社ソーシャル・エイド・リサーチ、札幌市のNPO法人である障がい者就労支援の会『あかり家』が参加」。

Magic Mouseの電池を交換(91日で)+載せるだけ充電パッド

最近は仕事の関係とかなんとかで、Macを開かない日が多かった。そう意識はしていたけれど、まさかこんなに長く電池がもつとは思わなかった。交換して記事を書き忘れていないか、ちょっと心配になるくらい。

ところで、こんなのが紹介されていた。

6時間の充電で6日間動作。6日というと短いようだけれど、ただ載せておけばよいならこまめに充電できるだろう。でもまあ買わないかな。49.9ドルとのこと。

電池交換のタイミング
10月30日(購入)→12月10日(41日で交換)→1月10日(31日で交換)→2月2日(23日で交換)→2月23日(21日で交換)→3月15日(27日で交換)→4月11日(27日で交換)→5月13日(32日で交換)→6月5日(23日で交換)→6月30日(25日で交換)→7月25日(25日で交換)→8月31日(37日で交換)→11月30日(91日で交換)

さてこのシリーズ、Magic Mouseを買ってから1年たったので今回で終わりにしようと思う。Magic Mouseはつるつるで質感は高く、モノとしての完成度はある一方、ちょっと重いし2本指スワイプとかほとんど使わないのでMighty Mouseでもよかったかもしれないと思わないでもない。でも今後も使い続けていくだろう。

あと、Magic Mouseを使う人はBetterTouchToolを入れるといいですよ絶対。たまにいつの間にか落ちていて、ソフトを再起動することはありますが。

Apple Magic Mouse MB829J/A

Apple Magic Mouse MB829J/A

コベック、iPhone/iPad向けにアプリ内課金機能を搭載した電子書籍ストア開設システムを発売 - CNET Japan

「Wisebook2 for iPhone/iPad BookShelf」。システム一式で105万円。

少額課金を必要とする電子書籍ファイルのダウンロード販売支援サービス - DREAM NEWS プレスリリース配信&ネット記者会見&企業アライアンス

シーエムパンチとブレインハーツのリリース。「小額決済に適した『PayPal Micropayments』を活用し、電子書籍コンテンツ提供者がより安価に電子書籍販売ができるようにするための、支援サービスの提供を開始」。

学術雑誌を電子版のみとするための課題と提言をまとめたレポート(英国) | カレントアウェアネス・ポータル

英国の研究情報ネットワーク(RIN)が。「E-only scholarly journals: overcoming the barriers」。

村上さん中国語海賊版、日本語も 「1Q84」など2作品 - 47NEWS(よんななニュース)

47ニュースにも出てきた。「村上さんの著作の日本語版も無断で電子化され、サイトで販売されていることが29日、分かった」。出た、「×日にわかった」。これは通信社がそのことを知りました、という以上の意味はありません。

hon.jp DayWatch - 米国のiPadユーザーの間で電子書籍ビューワアプリ「Bluefire Reader」が人気

「フル機能ながらも無料の電子書籍ビューワアプリで、EPUB、PDF、Adobe DRMに対応し、Barnes and Noble/Borders/Sonyなどが販売する電子書籍に対応。そして人気の最大の理由が、多くの公共図書館電子書籍Adobe DRM系)も読める点」。

【PC Watch】 サムスン「GALAXY Tab」試用レポート(基本編) 〜Android2.2搭載の7型タブレット端末

IS03を扱わずGALAXY Tabを紹介するのは、電子書籍専用端末でないものは5インチくらいのものから紹介しようと思っているからです。GALAXY Tabは7インチ、「iPadを半分にしたサイズ。ドコモ回線の契約が必須」。バッテリはiPad並みによくもつ由。この「基本編」では基本的な使い勝手のレビューが中心で、電子書籍端末としての使い勝手は次回たっぷりと。

「DELL Streak 001DL」開発者インタビュー - ケータイ Watch

これは5インチでAndroidな端末。「電話としてもタブレットしても許容できるちょうど良い大きさとして、5インチのサイズとしました」。

Kinbricks Now:海賊版日本語書籍も落とし放題=「百度文庫」がおとがめなしの理由とは―中国

著作権侵害問題の多くは利用者が多い大企業のサイトで行われていることは間違いない。当局から処罰されるかされないか、その分かれ目となるのは、『官にどれだけ食い込んでいるか』」。中国すごいです。

電子書籍で新作「ふしだら」…瀬戸内寂聴さん : ニュース : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「新作はNTTドコモ電子書籍トライアルサービスで、年末まで一部機種には無料ダウンロードできる」。瀬戸内寂聴、88歳か。「本作りは今、革命を起こしてるわね。これは乗らなきゃだめだと思って」。若い。

ここには「ダウンロードしたコンテンツは12月末まで閲覧が可能」とある。また「G2010から発表する初めての作品となる」。

Asusのモノクロ手書きタブレット Eee Note まもなく発売

「まもなく」は「今週から」。「8インチ・768x1024解像度・64階調のモノクロ液晶」「OSはLinuxベース」「お値段は6999台湾ドル。日本円に換算すると2万円弱」。電子ペーパーじゃなくてモノクロ液晶! ナイスな割り切り方。

ますます乱立していく国内の電子書籍の配信プラットフォーム - もとまか日記

TSUTAYA GALAPAGOSソフトバンクブックストア、Reader Store、BOOK☆WALKER、ビューン、アゴラブックス、パピレス(電子貸本Renta!)、パブー、Voyager Store、BookWay、などなど。

「自炊電子書籍もスイスイ読める」、AndroidタブレットGALAXY TabでPDF文書の閲覧を試す:ITpro

Android用PDFビューワのうち、Adobeのものは2.0以上のみ対応、IS01など1.6系は非対応」。そうなんだ。「このため、ほかのPDFビューアを探すしかないが、筆者がざっと探した限り、『これだ』と納得できるレベルのフリーのビューアは無いに等しい状況」。そこでGALAXY Tabですよという話。

拡大した状態で次のページへ行けたらいいんだけれど、Adobeのはページ移動のスライダを画面タップで表示して、そこからジャンプできるということだった。

いまだタイトル決めれず: 電子書籍は音楽配信の夢を見るか(4)

音楽プロデューサーの立場から編集者へ「電子書籍に3つの提言」。

    • プラットフォームは、公共財と考える
    • マルチユース発想でプランニングする
    • 分配料率を再構築する

Jコミは零細漫画家を救うか - 未来私考

「私もこのサービスは必ず成功すると確信している」「漫画家として大成功を収めるところまでいかなくとも面白い漫画を創作されてきた、言い方は失礼かもしれませんが『零細漫画家』をこそ救うシステムになるんじゃないかと期待してる」。そうそう、刷った数だけ売れないと困っちゃう紙の本よりずっと少ないコストで流通に乗せることができるし、編集などの制作費は考えなくていいんだから、小さく商売できるのがいいところだ。

それに人気調査にもなるから、すごく評判が良ければ改めて本として売ってもよくてその点で版元にも嬉しい、という話なども。

現時点のJコミは「単行本が出せる程度の商業的成功を収めている作品」にしか目が向いていないから胡散臭い - 甘くておいしいおイモだよー - 断片部

えーそうかなあ。収益を生まななくなった死蔵コンテンツが日の目を見るようになるのは悪いことではないと思う。もちろんJコミ内での評判はあるから、たくさんの作品が掲載されたときに埋もれてしまうものも出てくるだろうけれどそれはまた別のことだ。

そして赤松健自身からコメントが。「http://d.hatena.ne.jp/KenAkamatsu/20101114/p1を読んでいただければ」とのこと。

電子書籍サミット2011 - セミナー - Tech-On!

2010年12月15日(水)10:00〜17:00、秋葉原にて。主催は日経エレクトロニクス。価格は19800円。『電子書籍のすべて』とあわせて申し込むと40800円。ってどんな本だ。26250円の本です。セミナー参加費と合わせれば5250円お得!

電子書籍のすべて (NIKKEI ELECTRONICS BOOKS)

電子書籍のすべて (NIKKEI ELECTRONICS BOOKS)

[iPad, iPhone] ニュートン 太陽と惑星: 幾多の理科好きを生み出してきた神雑誌がアプリで登場!!3575

「正直iPhone版は全く読めません(ものすごく拡大しないと文字が読めない)ので、実質はiPad専用アプリです」。それでいいのか。いやよくない。

佐々木譲さん作「デジタル絵本」iPadで無料配信へ : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

「サーカスが燃えた」。「12月中に日本語版と英語版を完成させ、米アップル社の『iPadアイパッド)』向けに無料配信する予定」。

電子書籍奮戦記 | WIRED VISION

連載「竹田茂の構成的アプローチ」。荻野正昭は「小さな価値の交換システムにこだわっていた人」で、電子出版はその実現のためにある。「他の電子書籍関連本とは比較にならない迫力です」。

電子書籍奮戦記

電子書籍奮戦記