ドコモ、7型画面のAndroidタブレット「GALAXY Tab」11月下旬発売 - ケータイ Watch

重さ382グラム、液晶は600×1024ピクセル、内蔵メモリは16GB。SDHCスロット(32GBまで対応)あり。「価格は新規・2年契約で4万円強程度になる見込み」。

なおiPadは10インチ液晶で1024×768ピクセル、重さは700グラムです。

「ドコモが10月下旬から12月下旬にかけて実施する、電子書籍のトライアルサービスにも対応」。

シャープとCCC、電子ブックストア「TSUTAYA GALAPAGOS」を共同で設立 -INTERNET Watch

Tポイントが使えるもよう。

今日のツイート

  • 08:20 今日の朝ドラの冒頭、高校の吹奏楽部が練習中。演奏が終わり先生が「よし、よくなってきたな。今日はこのくらいにしよか」主人公すっくと立ち上がり「もう一度最初から通そうよ!もっと練習すればもっとうまくなるよ!」これだ、これが朝ドラだ!
  • 08:24 RT @mohri: @snowystreet @fmht7 どうせ住所を公開しないんだから、住所に紐づいてない「自宅」スポットをひとり一箇所ずつデフォルトで用意しとけばよかったんじゃないかとおもうんですよね。んで「ただいま」メニューがあるw
  • 08:28 @zaikabou 大阪いいですね。天保山IMAXハッブル3D」見に行きたいです
  • 12:31 #shoot1230 BS2で「トム・ソーヤーの冒険」最終回。作画が丁寧ですばらしい。明日からは「ペリーヌ物語」。 http://twitpic.com/2ursp7 http://twitpic.com/2ursp7
  • 18:15 @mohri @snowystreet はてなアイデア出しました■うっかり自宅や学校の場所を公開しないよう、あらかじめ全ユーザにひみつ設定にしたスポット「自宅」「学校」などを与える。もしくはこれらの名前のスポットは自動的にひみつ設定に。 http://i.hatena.ne.jp/idea/28313 [in reply to mohri]
  • 18:18 RT @amazakegubigubi: 新人の男性社員に「これB4でコピーお願いします」と用紙サイズ指定で頼んだら、すこしして息を切らして戻ってきて「あの!やっぱりこのビル地下2階までで…ッ!B4までなかったです…!」と言われた。ネタじゃない。彼は正気か。
  • 18:50 [H::Diary]雲の写真をHDRで: 雲と風景を1枚に入れるときはHDRがよさげ http://d.hatena.ne.jp/Imamura/20101005/cloud
  • 18:54 @fmht7 IMAXは本来あのサイズが標準で、いま各地にある小さいのはなんちゃってIMAXなんですよね。東京にtrueIMAXがあったときは何度か行ってくらくらして楽しんでましたが、残念なことにいつもすいてました。 [in reply to fmht7]
  • 21:39 [B!] ToDoを「〜すること」ではなく「〜するには?」と書くことで、やらされてる感を軽減する。なるほど。 http://nlogn.ath.cx/archives/001320.html nlog(n): ToDo リストは質問形式で書くと上手くいく
  • 21:50 今日の電子書籍記事リンク 2010年10月05日(火) #denshi http://d.hatena.ne.jp/Imamura+epub/20101005
  • 22:59 炭素原子1個分ってすごい薄さだなーグラフェン

大日本印刷、電子図書館の構築支援に本腰 - ITmedia +D PC USER

昨日紹介した↓の別報。「図書館の蔵書すべてが電子化されるという話ではなく、一部が電子書籍でも提供されると考えればよい」というのはわかりやすい。

雲の写真をHDRで

キンモクセイの香りが街に広がっている。

雲がもくもくといい感じだったのでカメラを向けた。が、雲のディテールがわかるように撮ると地上の風景が暗くなりすぎ、地上の様子がわかるように撮ると雲がまっ白になってしまう。そんなときはHDRだ。「TrueHDR」で撮ってみた。

f:id:Imamura:20101005164640j:plain

f:id:Imamura:20101005164605j:plain

うーんいい感じ…と思ったけど、以前ほどではなくなった気がする。解像感がいまひとつというか。

これらはiPhone 3GSで撮影したもの。「TrueHDR」はもしかして、アルゴリズムiPhone 4向けにチューニングされたのかもしれないと思った。

関連記事

【CEATEC JAPAN 2010】 ヤフーが電子書籍戦略語る、新サービス「Yahoo!ブックスタンド」をデモ -INTERNET Watch

Yahoo!ブックスタンドでは、Yahoo! JAPANの共通デザインのトップページから各電子書籍を表示する。書籍だけではなく、レビューやソーシャルネットワーク、動画サービスなどが関連付けられ、互いをひも付けたり、合わせて検索したりできる」。ほほー。

【元麻布春男の週刊PCホットライン】 AmazonのKindleから考える理想的な電子書籍ビジネス

Kindleストアで購入した電子書籍は、1つのアカウントであれば、最大で6台のデバイス上で利用することが可能」。

「誤解を恐れずに言えば、わが国の電子書籍ビジネスは、黒船(外資)の来襲を前に、国内の既得権益者をどうやって守るか、その1点に集約されている」「(日本の出版業界の)本当の敵はAppleAmazonといった外資系の電子書籍流通システムではない。出版の敵は、Web、ゲーム、音楽、TV、映画など、すべてのエンターテインメントである」。

「責任とリスクを負うからこそ利益がもたらされるのであり、リスクを分散すれば利益も分散する。リスクを負えないのであれば、低い利益で事業を継続できる体制を作らなければならない。

こんなことは、筆者が言うまでもない、市場ビジネスの常識だと思うのだが、再販価格維持制度の枠組みの中で生きてきた人たちには、この常識さえ通用しないのだろうか。わが国の電子書籍ビジネスを見ていると、本当にそんなことが心配になる」。

電子書籍は“本”ですか? - 記者の眼:ITpro

「本の内容を大根とすると、紙の本は煮込んだおでん、電子書籍は漬物。おでんを漬物にむりやりしてもおいしくならない。電子書籍を作るときには、大根という素材そのものに立ち返らないといけない」といった意味のたとえはわかりやすい。紙の本と同じ考え方ではなく、電子書籍ならではの制作体制が必要になっていくといった話。

具体例として「元素図鑑」や「Kilibaly」といったアプリが紹介されている。「切り貼り」…じゃなくって「Kilibaly」は「Flipboard」に似ているかも。

「元素図鑑」の話

「Flipboard」の話

デジタル・パブリッシング・カンファレンス - ITpro EXPO 2010

「ITpro EXPO 2010」内で10月19日(火)に開催されるカンファレンス。いずれも受講無料。

  • 13:00〜13:40:紙の置き換えではない、マルチアウトプット時代のワークフロー(クロスデザイン代表取締役 黒須信宏)
  • 14:00〜14:40:電子書籍の有力なプラットフォーム、HTML5の実力を検証する(ジークス代表取締役社長 渡辺浩)
  • 15:00〜15:40:電子マガジン週刊「theWORLD」の舞台裏(講談社 ジャーナル・ラボ 週刊「theWORLD」編集長 北野健一郎)
  • 16:00〜16:40:「やって分かった電子書籍の魅力と可能性」〜紙との違い、Webとの違い、ビジネスの違い〜(パネリスト:ジークス代表取締役社長 渡辺浩、クロスデザイン代表取締役 黒須信宏、講談社 ジャーナル・ラボ 週刊「theWORLD」編集長 北野健一郎/モデレータ:日経ニューメディア編集 記者 西畑浩憲)