今日のツイート

ライブドアがウェブマガジン販売サービス開始、第1弾は堀江貴文氏の書籍 -INTERNET Watch

メールマガジン配信サービス「livedoor ネットマガジン」で、一般の書籍も配信できるようにしたという話。これもまた電子書籍の一形態。第1弾は『拝金』。ライブドアのサービスでホリエモンの著作がと思うとなにか感慨がある。

拝金

拝金

大日本印刷、図書館向けに電子書籍サービスを開始 - MSN産経ニュース

「図書館が持つ固有の資料の電子化のほか、蔵書の検索サービス、出版社からの使用許諾などを包括的に提供する」。

CSS3が日本語の禁則処理、傍点、縦書きなど対応へ、ドラフト公開 − Publickey

「これが最終的にCSS3の仕様として策定されれば、Webブラウザ上での禁則処理、傍点、縦書きなどの組み版処理が充実することになります(ルビはまだ作業中ですが)」。

政府は日本の「文字文化の独自性、固有性を発揮できるフォーマット」としてシャープの「XMDF」とボイジャーの「ドットブック」を基にした中間フォーマットを国際標準規格にすべく推進すると決定しており、EPUBやCSS3での日本語対応よりも優先度を高く置いています(参考:電子書籍の政府での議論が心配だ)。

しかし国際標準であるCSSEPUBに対しての日本語対応で、早くも具体的な成果をあげているここで紹介した活動に対しても、ぜひ支援を実現してもらいたいものです。

CSS3が日本語の禁則処理、傍点、縦書きなど対応へ、ドラフト公開 − Publickey

【株式会社ドリームオンライン】iPadに加えてiPhone/iPod touchにも完全対応した電子書籍アプリ作成サービスを発表。バージョンアップを記念して10冊以上で20%OFFのキャンペーンも実施。

同社開発の電子書籍ビューアー「FlipStill Viewer」向けデータを作る。

hon.jp DayWatch - Sigil作者、オープンソースのEPUB電子書籍文法チェッカーツール「FlightCrew」ベータ版をリリース

こういうのが期待されるということは、EPUB作成はソフトまかせにせず、ソースリストを直接編集するような方法も一般的なのだな。

hon.jp DayWatch - 主婦の友社、自社の電子書籍作品の総合情報サイト「電子書籍ブクレ」をオープン

これ自体が配信サービスをするわけではなく、電子書店アプリ「主婦の友社書店」などへ誘導するポータル。